奥飛騨クマ牧場 ヒグマのグーちゃんとの思い出

奥飛騨クマ牧場 ヒグマのグーちゃんとの思い出

奥飛騨クマ牧場にいるヒグマのグーちゃんとの思い出です。

奥飛騨クマ牧場にはたくさんのツキノワグマがいますが、ヒグマは一頭のみ。そのヒグマがグーちゃんです。牧場の一番奥にいます。

ヒグマのグーちゃん 奥飛騨クマ牧場

ヒグマのグーちゃん 奥飛騨クマ牧場

ヒグマのGoo(グー)ちゃん プロフィール

ヒグマのGoo(グー)ちゃん プロフィール

1995年生まれということで、僕とは干支一周り違いで亥年の歳男です。

最初ヒグマのグーちゃんのところに向かった時は雪が積もる高い場所にいました。

ヒグマのグーちゃんにビスケットをあげる

ヒグマのグーちゃんにビスケットをあげる

一応ビスケットを投げてみたりしましたが、それほど反応はなく、という感じでした。

ツキノワグマのように特に興味を示すわけでもなく、直接取りに来ることもなく、近くに落ちたものをゆっくりと食べに来るような感じでした。

自然界では冬眠の季節ということもあってあまり体は動かないということもあるのでしょうが、やはり一頭だけということもあってかグーちゃんは寂しそうでした。

何より彼はすごく繊細な感じがしました。

ツキノワグマたちはたくさんの仲間がいますが、彼は一頭だけですし、いくらヒグマはあまり群れないといっても、ずっと一頭だけなら寂しい気持ちにもなってくるのではないかと思います。

ヒグマのグーちゃん

ヒグマのグーちゃん

そして彼はとても繊細なのでしょう。

まだ心を開いてもらえていない感じがしたので、再びクマのエサを入手して牧場内を少し回った後、ヒグマのグーちゃんと友達になるべく再度彼のもとに向かいました。

ヒグマのグーちゃんに仲間だと認めてもらえるまで

奥に移動したヒグマのグーちゃん

奥に移動したヒグマのグーちゃん

ビスケットを買いに行ったり再びツキノワグマのところに行ったりしている間に、他の来場者も少し増えてきました。

少しだけ騒がしくなってきたので、それを拒否するようにグーちゃんは奥の方の隅っこに移動していました。

遠くで大きな騒ぎ声が聞こえるたびに耳を立て、嫌そうな表情をしていました。

おそらく職員さんとは仲良しなので、閉場時間が待ち遠しいという感じなのか、それまでの間無心になるべく遠くで日向ぼっこ体制という感じで過ごそうという感じだったのかもしれません。

寂しそうなヒグマのグーちゃん

寂しそうなヒグマのグーちゃん

おそらく何も刺激がなくて暇だという感じではありません。

仲間意識を持った仲間がいないことに憂いを感じているという感じがしました。

瞑想中のヒグマのグーちゃん

瞑想中?のヒグマのグーちゃん

まあ人によっては「お金を払っているんだから自分を楽しませろ」という感覚しか無く、動物は人間のために利用される存在だという感覚を持っている場合もあるでしょう。

そうした感覚を持つ人がいくらやってきてもそれは仲間ではありませんし、動物側からしても鬱陶しく感じて当たり前だと思います。

コミュニケーションに応じてくれないヒグマのグーちゃん

コミュニケーションに応じてくれないヒグマのグーちゃん

「どうせ君も物珍しさで自分を楽しませるため、高みの見物をしに来たんだろう」

といった感じで、完全にコミュニケーションを拒絶しているような感じがしました。

「それは誤解だ」ということをわかってもらえるまで、閉場時間ギリギリまででもいるつもりで、いつものごとく定を保ちグーちゃんに話しかけました。

一応ビスケットを投げてみたりしましたが、グーちゃんは無視です。興味すら示してもらえませんでした。

グーちゃんが食べないので、近くを飛んでいたカラスが食べに来るくらいの感じでした。

それでも諦めず、同じ仲間だということを伝え続けました。

目が合ってしばらくして、それからビスケットを投げてみると、

少し興味を示してくれたヒグマのグーちゃん

少し興味を示してくれたヒグマのグーちゃん

可能な限り集中力を高め、定の状態を保ち続けたまま名前を呼び続けていると、立ち上がって少し興味を示してくれました。

近寄ってきてくれたヒグマのグーちゃん

近寄ってきてくれたヒグマのグーちゃん

投げたビスケットを拾うようにして食べ始めてくれたヒグマのグーちゃん。

だんだんこちらに近寄ってきてくれました。

ヒグマのグーちゃんと心が通じ合った瞬間

ヒグマのグーちゃんと心が通じ合った瞬間

そしてクマのエサのビスケットを投げると、グーちゃんは空中キャッチをしてくれました。

その瞬間ヒグマのグーちゃんと気持ちが通い合い、心が通じ合った気がしました。

もう一度投げると、また空中キャッチをしてくれました。

今年一番嬉しかった瞬間です。

また来るねグーちゃん

また来るねグーちゃん

また一頭友達ができた気がしました。

これからも近くに来た時は、必ず奥飛騨クマ牧場来てしまうでしょう。

むしろグーちゃんに会いに行くために旅をしてしまうことになりそうです。

〒506-1432
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根2535-9

Category:adventure 冒険の旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ