中山道 木曽路 奈良井宿・馬籠宿 タイトル

中山道 木曽路 奈良井宿・馬籠宿

江戸から京都までを繋ぐ中山道(なかせんどう)。

だいたいいつもそのルートに沿って岐阜・長野・群馬方面へ向かいますが、岐阜県の中津川市から長野県塩尻市までの間の山間にある木曽路(きそじ)にもたくさんの宿場町があります。

木曽路(国道19号)は、地図上ではほぼ直線的に見えるのですぐに終わるだろうと思いつつ、100キロくらいあるためなかなか終わらず、その上「強烈な眠気スポット」のため、僕は「魔の木曽路」と呼んでいます。

強烈な眠気が襲ってくる度に「木曽路の攻撃!」とつぶやきつつ、ほっぺたを叩いて「オレの攻撃!」などと、つぶやいて何とか約100キロの道のりをやり過ごしています。

今回は、爆音でB’zを流したりして「いでよ召喚獣 ”Liar! Liar!”」「白魔法 エスカップ!」などとRPGの戦闘さながらの戦いを繰り広げていました。

そして、帰り道に至っても同様に戦いを繰り広げていたわけですが、あえて宿場町に寄りながら休息を取ることで魔の木曽路に打ち勝とうとしたわけです。途中でいつもの道の駅に寄ったり、食事をしたり、宿場町をふらついたりと言った感じで計6回休みました。

余裕を持って走ろうと思うとそれくらいにまで断続的に走らねばならないほどの戦闘力を木曽路は持っています。

さて「僕vs木曽路」だけでは何なので、長野県塩尻市にある奈良井宿(ならいじゅく)と岐阜県中津川市にある馬籠宿(まごめじゅく)の写真を載せておきます。

なお、馬籠宿はかつて長野県木曽郡山口村でしたが、2005年に岐阜県中津川市に越県合併されました。

奈良井宿

奈良井宿

奈良井宿

木曽路には、北から贄川宿 、奈良井宿、藪原宿、宮ノ越宿、福島宿、上松宿 、須原宿、野尻宿、三留野宿、妻籠宿、馬籠宿と言った感じで11宿があるようですが、奈良井宿はその中で北から2番目の場所にある宿場町です。なお中山道34番目の宿場になります。

奈良井宿2

奈良井宿2

奈良井宿は国道19号から逸れて少しだけ進んだところにあります(少し脇に入る程度です)。脇には奈良井川が流れており、上町・中町・下町の3つの街区に分かれています。

奈良井宿 水飲場

奈良井宿 水飲場

合間合間に水飲み場がありました。

奈良井宿 水飲場2

奈良井宿 水飲場2

なお、奈良井宿は宿場町としては日本最長のようです。

馬籠宿

馬籠宿 入口

馬籠宿 入口

木曽路11宿のうち最後の11番目最南端の位置にあるのが馬籠宿です。京都まで52里、江戸まで80里と表記されています。馬籠宿は奈良井宿と異なり、国道19号を逸れてしばらく走る必要があります。

馬籠宿

馬籠宿

奈良井宿と異なり馬籠宿は強烈な勾配。

馬籠宿2

馬籠宿2

馬籠宿は、現在は岐阜県中津川市ですが、2005年までは長野県木曽郡山口村だったようです。

藤村記念館

藤村記念館

島崎藤村氏の生まれ故郷だということで、生家跡に藤村記念館がありました。

そのままさらに登ると見晴らしスポットに行くことができます。

馬籠宿 展望スポットに続く道

馬籠宿 展望スポットに続く道

馬籠宿から望む恵那山

馬籠宿から望む恵那山

島崎藤村 歌碑

Category:adventure 冒険の旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ