ヴェブレン効果

すぐにお役立ちの心理学が満載

ヴェブレン効果(Veblen effect)とは、高級志向を意味し「羨ましがられたい」という心理に支えられた「高価で高級品であること」を理由にそれを支持する心理効果である。

物の機能や本質ではなく、それが「高級品である」ことを理由に支持する心理であり、ブランド志向の根底にある心理であると言える。おっさんのベンツ、夜のドンキホーテでのルイヴィトン、そして徳川家の日光東照宮などが最もわかりやすいだろう。

奥にあるストーリーや思想などを理由に、「フェラーリ」や「Mac」しか認めないというようなものも、こうしたヴェブレン効果が働いていると考えられる。

ヴェブレン効果は、顕示的消費の元となる心理効果であり、対象となる消費物はヴェブレン財と呼ばれる。つまり、物の機能以上に「高級品であること」、「人に自慢すること」「自尊心を満たすこと」という部分が効用として捉えられているという感じである。

流行り物を好むという傾向はバンドワゴン効果になるが、こちらヴェブレン効果は、「高い物だから自慢ができる」という理由で物を購入したり、支持をしたりという場合の心理のことを指す。

バンドワゴン効果

心理学 一覧

Category:心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ