パンジーとビオラ

パンジーとビオラ

パンジーとビオラは、共にスミレ科スミレ属であり、サイズによって区別されたりもしますが交配が進み複雑に交雑された品種がたくさんあるためあまり区別がつきません。

パンジーとビオラ1

こちらは紫色で花弁が縮れている品種です。

大輪のものがパンジーで、パンジーのうち株立ちの小輪多花性種をビオラ(ヴィオラ)と呼んだりしますが、今でもその違いがよくわかりません。

パンジーとビオラ2

パンジーとビオラ2

馬で言うところのポニーのごとく、サイズ的に5cmを目安にそれ以上ならパンジーで、それ未満ならビオラというふうに説明されたりもしますが、根本的にViola(ビオラ)自体がスミレ属を意味する語であるためさらにややこしくなっています。

パンジーとビオラ

パンジーとビオラ

花弁は5枚ですが、様々な色の品種があり、柄もバラバラです。

パンジーとビオラ3

パンジーとビオラ3

学名:Viola × wittrockiana

Category:植物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ