スティンザー効果(スティンザーの3原則)

すぐにお役立ちの心理学が満載

スティンザー効果(スティンザーの3原則)とは、アメリカの心理学者スティンザー氏の研究による「小集団における心理的効果・原則」で、主に会議中の心理の法則である。次の3つの原則で示されるため、スティンザーの3原則と呼ばれる。

①会議の時に正面に座る人は、反対意見を持つ人、過去に激しく口論になった人が多い。

②会議の時に、ある発言があった後、次に発言する人は意見に反対である場合が多い。

③会議の議長の主導権が強い場合は、隣同士の人達の間で私語が多く、主導権が弱い場合は、正面に座る人同士の私語が多い。

ただこれらは、あくまでスティンザー効果(スティンザーの3原則)を全く知らない人たちの間の自然な状態でのみ通用する法則になる。

こうした法則を知っている人達の間にあっては、何かの思惑を元に、意図的にそうした位置に座ったり、逆に座らなかったり、すぐに発言したり、ワンクッション置いてから発言したりということも起こりうるからである。

嫌っていることを悟られないようにしようとか、逆に相手に心理的プレッシャーを与えて混乱させようというような意図がある場合は、法則性が崩れるという感じになる。

心理学 一覧

Category:心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ