オペラント条件づけ

すぐにお役立ちの心理学が満載

オペラント条件づけ(operant conditioning/道具的条件づけ)とは、人間を含めた動物が、自発した反応の直後に特定の刺激(報酬など)を与えることで、その反応(自発した反応)が生起する頻度を変化させる条件づけ。アメリカの心理学者スキナー氏(B.F. Skinner)より。このオペラント条件づけは、有機体による自発的な「オペラント行動」に強化刺激を伴わせることで、その反応頻度や反応トポグラフィを変容させる条件づけの操作・仮定を意味する。

オペラント行動

オペラント行動(operant behavior)とは、特定の誘発刺激がない状態における自発的な反応による行動のことである。

定率強化

なお、スキナー氏は、条件づけを「オペラント条件づけ」と「レスポンデント条件づけ」に分類。

心理学 一覧

Category:心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ