アンスバッハー効果

すぐにお役立ちの心理学が満載

アンスバッハー効果(Ansbacher effect)とは、対象の運動速度によって、対象の見えの大きさ(長さ)が異なって知覚される現象のことである。回転する円盤において見える円弧は、ある回転速度以上になると完全な円と知覚されるが、円弧の見かけの長さは、回転速度が増すに伴いしだいにより短縮されて見えてくる。これがアンスバッハー効果である。なお、見かけの短縮の程度は図形の形状によって異なる。

アンスバッハー効果の名称は、アンスバッハー氏(Ansbacher)から。このアンスバッハー効果はひとまずレコードのような円盤をくるくる回すことで実際に確認するのが一番早い。

心理学 一覧

Category:心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ