その時間を無かったものとして扱う人たち

世の中には平気で遅刻したり、残業代や取引代金を支払わなかったりする人がたまにいます。僕としては信じられませんが、いくら世の中が変化していこうが、未だにそうした人たちがいるようで、その様子が耳に入ってきます。

それら人たちのその行為は、要約して言うならば「その時間を無かったものとして扱う」ということです。

約束の時間にこないということは、その時間に来ていた人たちの待ち時間というものをまるで無かったかのように扱っているということになりますし、残業代を支払わないということは、働いた人の時間、働いていた時間を無かったものとして扱っています。

取引代金を支払わないということは、相手が為してくれた何かに対する時間、相手が使ってくれた時間や労力、その人が動いたという歴史を無かったものとして扱っているということになります。

奴隷制度のように人を物として扱うというような極端なものではないにしろ、人の時間、人の労力、人の思い、人の歴史や機会を何とも思っていない人もいるので困りものです。

平気で勝手に先に行く人

先日、信じられないことが起こりました。

某会合の会場がホテルだったので、駅から送迎バスを出してくれるということになり、僕は知人と一緒にその送迎バスを予約して、電車で向かいました。

現地につくと、送迎バスが来ていません。

「おかしいなぁ」

と思って、知人と首を傾げていると、知人がホテルに電話をしてくれました。

すると、もう送迎バスはホテルに到着しているというのです。

「は?」

ということになりましたが、よくよく聞いてみると、もう一人の知人もその送迎バスに乗る予定をしていて、計三名で送迎バスに乗り込む予定だったという感じでした。

しかし僕は予約時間の少し前に駅に到着していたにも関わらず、既に送迎バスは出発していました。

蓋を開けてみると、もうひとりの方の知人が一人で勝手に出発したと言う感じでした。

何でも僕たちとは逆方向の電車で来たようで、当然に到着時間には差があります。

それで、少し早くバスに乗り込んでいたということのようでした。

それはそれでいいですが、なぜ予約時間まで待てないのでしょうか?

送迎バスを予約をしたのは、僕と一緒だった方の知人であり、三名で予約していたと言う感じでした。

なぜ、予約時間前に出発するのでしょうか?

理解ができません。

送迎バスの人も、三名で予約を受けていて、しかも予約時間を経過しているわけでもないのに何故出発できるのでしょうか?

理解ができません。

すぐに一緒にいた知人がホテルに電話をしてくれましたが、寒空の中、野外で15分程度待たされることになりました。

その15分の間、僕のアドレナリンは爆発していました。

そして送迎バスが到着しました。

「カーン」とゴングが鳴ります。

あとは想像にお任せいたします。

送迎バスがホテルに到着しました。

「支配人を呼んでください」

「カーン」とゴングが鳴ります。

あとは想像にお任せいたします。

会場を進み、先に行った「もうひとりの知人」の顔が見えました。

「カーン」とゴングが鳴ります。

あとは想像にお任せいたします。

一緒に寒空の中送迎バスを待ってくれていた知人は、終始震えていました。

「仕方がない」ということは、本当に「仕方」がないということ

まあそんなこんなで、僕は昔から「その時間を無かったものとして扱う人たち」を許すことはありません。

「ごめん風呂に入ってた」などと言いながら、平気で遅刻したりする人などについては、付き合うことすらしませんし、仕事上でも取引をお断りしています。

そういうわけで、付き合いがないので、身近にそういう人はいません。

ただ、何かしらの集まりなどにおいては、嫌でも多種多様な人がいるので稀にそういう人にあたってしまうことがあります。

僕としては人生で今までに誰かにキレられたことはないのか、と思ってしまいますが、キレられたとしても平気なのでしょう。

別にそれはその人の生き方なので好きにしてもらっていいですが、これに関しても自己責任ですので、何かを失ったとしても、それについて「おかしい。理解できない」などとは言わせません。

いくら注意していても、急なアクシデントによって遅刻してしまうリスクは常にあります。だから、遅れたからといってその状況自体について無条件に怒るわけではありません。

「仕方がない」ということは、本当に「仕方」がないということであり、仕方があったのなら、それを為さなかったというところには責任が生じるはずです。

もちろん回避可能性や比較衡量的な側面、労力や金銭的な合理性なども検討材料には入りますが、基本的に「方法があったのにそれを行わなかった」という分だけは、少なくとも責任が生じるということです。

過去の投資を無視する人たち

その時間を無かったものとして扱う人たちとして、「過去の投資を無視する人たち」についてでも触れておきましょう。

まあ当然といえば当然なのですが、例えば弁護士さんに法律相談をして、すぐに簡単な回答が来たとしましょう。

その答えが1分で導き出され、1分で語られたことであっても、その答えは、膨大な時間と労力、そして金銭の投資があってこそという感じになります。

同様に、パソコンの設定か何かで、何かチェックボックスを入れるか入れないかだけで解決するような事があったとしましょう。

答えを知った人としては、ある設定画面を開いて、チェックボックスにチェックを入れるという簡単な動作なのだから、それには価値がなく、「お金を請求されるなんてとんでもない」なんてなことを考える人達もいます。

しかし、いずれのケースにしても、結果簡単に語り、簡単に操作されたことであっても、何をどうすればいいのかを知っていること自体の方に価値があり、実際の動作・労力にのみ価値があるなどと考えるのは「時給いくらのアルバイト感覚」です。

しかしながら、その答えを導き出すスキルやナレッジを獲得するにあたって、膨大な投資がなされています。

表面上の作業だけを見て、裏にあった時間を無視するのはおかしいはずです。

もちろんその答えの希少価値によって金銭的価値は変動しますし、役に立たない知識を語られるだけでお金を取られるというのも変ですが、時給いくらの感覚が強い人達は、意図してか意図せずかはわかりませんが「その時間を無かったものとして扱う人たち」として、「過去の投資を無視する人たち」になってしまっていたりします。

まあそんな感じで「どこをどうすればいいか?」という一番重要なことを「タダで聞き出してやろう」という人も結構います。

そんな人は、「その時間を無かったものとして扱う人たち」なので、まともに相手しないほうがいいはずです。

「助けてあげよう」などという気を起こし、わざわざ相手にしたところで、「タダで聞き出してやろう」という邪念が増すだけです。その観念が強化されると、手当たり次第いろいろな人の時間を無かったものにするような人になってしまいます。

だから相手にしないことこそが正しいという事も考えられるのです。

Category:miscellaneous notes 雑記

「その時間を無かったものとして扱う人たち」への2件のフィードバック

  1. この記事を書き公表してくださって、ありがとうございます。他の記事も読ませていただいておりますが、多くを学ばさせていただいております。そのような記事を書くのに時間を使ってくださったことに感謝しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ