「お金を貸して下さい」と思った時に簡単に今すぐお金を借りる方法

「お金を貸して下さい」と思った時に簡単に今すぐお金を借りる方法ということで、お金をすぐに調達する方法について書いていきます。

「どうしてもお金が必要だ」

「急な入り用で今すぐにお金を調達する必要があるんだ」

というようなケースはよくあります。「誰かお金を貸して下さい」と思うような時、どうすれば簡単に今すぐお金を借りることができるのでしょうか?

お金を貸す人借りる人」では、お金を貸す人の特徴、お金を借りる人の特徴、そしてお金を貸す人借りる人の心理について触れていましたが、今回は、社会人、大学生はもちろんパートやアルバイト・フリーター、年金生活者、専業主婦・専業主夫、無職の方、そして高校生、中学生といった未成年の人に至るまで、友人(友達)・知人、彼氏・彼女、元カレ・元カノ、異性の友達としての男友達・女友達、夫・妻、おじいちゃん・おばあちゃん、親戚に「お金を貸して下さい」と頼みに行く時のコツや、簡単に今すぐにお金を借りる方法について見ていきましょう。

「お金を貸して下さい」と思った時に簡単に今すぐお金を借りる方法

お金を貸して下さいと思う時

お金を貸して下さいと思う時

お金を貸して下さいと思う時、それはどんな時でしょうか?

お金を借りてまで道楽に走ったり、悲惨な顔でお金を借りて何かを解決しようとしているという場合だけではありません。

「友達か誰かから今すぐにお金を調達して、飲み会に参加しないとあの子を口説けない」とか「ブランドの新作が出たのに買えないなんてありえない」とか「スマートフォンを止めるなんて考えられない」というような場合が考えられます。

そのように「給料日まで待てない!」とか「金欠だが仕方ない!」「今すぐにお金が要るんだ!」という時は往々にしてあります。

そのように「お金を貸して欲しい」「お金を借りたい」と思う時はたくさんありますが、お金を借りる目的は人によって様々です。

お金を借りる目的

もちろんサラリーマン・OL、ビジネスマンと言った社会人、アルバイト、パートの方と、大学生高校生などではお金を借りる目的が異なってきます。

友人や同僚、意中の人と急に道端で会って、急に一緒に食事に行くことになったりすることもありますし、その場は持ち合わせがないという場合もあります。お金が入り用になるタイミングなど予め想定できるはずがありません。

生活苦で生活費を借りるという場合もありますし、借金返済のためにお金が入り用になることもあります。学費や冠婚葬祭と言った大きなお金が必要になる場合もありますし、事業の運転資金が不足していてお金を借りなければ手形が不渡りになってしまうというケースも考えられます。

お金を借りる目的

浪費家で見栄っ張りなんかではないですよね。ブランド物を買うことで嬉しい気持ちになりますし、ギャンブルは生きがいですよね。自尊心の欠落、意識の中の渇望感を「解消」するのはとうぜんであり、人に自慢できるような買い物をして見せびらかしたり「羨ましがられるだろう」と想像することは楽しいことです。

劣等感を短期的に誤魔化すということも必要じゃないですか。

「お金を借りてでもオシャレをしたらモテる」という気持ちに正直になりましょう。

「お金を貸して下さい」ということや「お金貸してよ」といったようにお金を借りること、借りに行くことは恥ずかしいことではありません。

「欲しいものがある場合、急に何かがあった時はお金を借りて済ませばいい」ということになります。

それでは、実際にお金を借りる必要があり、お金を貸して下さいと思う時にはどのようにすればいいのでしょうか?

実際にお金を借りに行く時の解決法について見ていきましょう。

実際にお金を借りに行く時

実際にお金を借りに行く時

実際にお金を借りる時は緊張するものです。

それが気心知れた友人であれ知人であれ、毎日顔を合わせるような家族であれ、年に数回は顔を合わせる程度のおじいちゃんやおばあちゃん、親戚であれ、会社の同僚であれ、深い付き合いをしている彼氏彼女であれ、いざお金を借りに行くとなると不安でたまらなくなります。

お金を借りるということは時間を買うということです。借りて返すのだから何も問題はありません。

我慢が足りないとか浪費家だとか、人間のクズだとかそういう意見もあるかと思いますが、気にせずに借りに行きましょう。

返済が遅れて相手が迫ってきても「だからわかってるって!」と逆ギレしましょう。返済計画など曖昧でいいのです。

借金体質の浪費家は、その場しのぎで生きているのだからお金がないのは当たり前ですし、お金を借りてもその場しのぎなので忘れるのは当たり前です。

お金を借りに行く時の言い訳

お金を借りに行く時の言い訳

では、実際にお金を借りに行く時の言い訳はどのようなものが良いのでしょうか?

大金を借りに行きたい場合、どうすればよいのでしょうか?

大きなお金を借りようとする時は、飲み代やギャンブルのためのお金、夜の商売の人への貢ぎ代とは言わずに、入院費や示談金などという名目をもって、お金を貸してくれる人の持つ「人助け」的な良心に訴えかけてお金を無心しすれば良いのです。

では、細かな1万円、2万円、3万円といったお金や10万円、30万円、50万円といった金額を借りたい場合はどうすればよいのでしょうか?

その場合は、お金を借りた後は人格が変容ということを隠し、同情を欲するような、泣き落としのような形で「お金を貸してください」と言いにいきましょう。そしてそのすぐ後で、ギャンブルをしていたり、飲みに行きましょう。

お金を貸してくれた人からすれば人間不信に陥ってしまうほどの変化であろうが、また同情を狙って泣き落としのような形で「返済を待ってくれとか」、「お金を貸してくれ」と言えばいいのです。

簡単に今すぐにお金を借りる方法

簡単に今すぐにお金を借りる

簡単に今すぐにお金を借りる方法の代表例は消費者金融やクレジットカード、カードローンでお金を借りる方法です。

「お金を内緒で借りる方法はないだろうか?」ということを思うことがありますが、そうした場合は、なるべく知り合いではなく消費者金融やクレジットカード、カードローンを利用しましょう。

多重債務者になろうが、自己破産という手があります。

夫や妻といった家族にバレないようにお金を借りるにはそれしかありません。

無利息期間もありますから安心です。しばらくの間は利息がつかないので胸を張ってお金を借りることができます。24時間365日対応、審査なしや審査が甘いところ、即日融資が可能なところもたくさんあります。

友人知人家族などからお金を借りる

友人知人家族などからお金を借りる

友人知人家族などからお金を借りると、恩を着せることになりますから、なるべくバレないようなお金の借り方を利用しましょう。

しかし、お金を貸してくれる人にも特徴があります。利息の面を考えても、なるべく甘い人を狙ってお金を借りに行くのがベストです。絶対にお金を貸してくれるという面、そして返済の面でいうと簡単に今すぐにお金を借りる方法としては、友人知人家族などからお金を借りるのがベストと言えるでしょう。お金を貸す人の特徴、お金を貸す人借りる人の心理については「お金を貸す人借りる人」をご参照下さい。

お金を貸してくれる人の特徴

Category:finance お金に関すること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ