現代人の皮肉

日下一切の大きな関心事を皮肉に取り扱うのが、ヨーロッパ人たちの流儀である。彼らはそれらの仕事に忙しいため、それらを真面目に考える暇がないからである。 曙光 162

先日、パスカルの「哲学をばかにすることこそ、真に哲学することである」という格言について触れましたが、ただ単に皮肉に取り扱う場合と、真に「ばかにする」ということは似て非なるものです。

これは宗教を無条件に批判することと、思考の結果、排斥する場合との違いに似ています。さらに、よく考えないままにも、ほどよく文化に「取り入れられているもの」には無批判になることも同様におかしなことです。もっと言えば、それを半端に考えて、ある主義をもち、ある抗争を行いだすというのも馬鹿げています。「社会を変える」ということは、非常に遠回りな自作自演の自慰行為だからです。

京都人の皮肉

皮肉といえば、「肯定しているようで否定している」という非常に京都人が得意とする所です。ただ、これも元は強大な力関係の間に挟まれた庶民が、揚げ足を取られて言いがかりを付けられないための苦肉の文化の発展であり、「本音を隠す」と他府県民に言われるものの、これは権力抗争に巻き込まれた文化のない他府県には理解のできない生きるための苦肉の策です。それが現代にまで染み渡っています。

京都人は京都人以外に冷たいということが言われますが、それは否めません。ある言葉を発し、その反応で地元の人間かどうか見分けています。その京都人特有の手法が「皮肉」です。お世辞と取れるような皮肉に浮かれて喜んでも、逆に皮肉と感じて怒りを覚えては、「よそさんはこれやから」となります。

実際にあった話ですが、言葉遣い一つや反応一つが原因でクレームが来た場合は、クレームをもらったほとんどの従業員が他府県から京都の支店にやってきた人たちでした。

行間だけでなく語尾の後も空に舞う

例えば「いらっしゃいませ」のあとに、「遠いところからわざわざ」とつけることがありますが、その後の言葉を空中に放り投げているかもしれないという場合があります。すなわち「遠いところからわざわざ」は「ねぎらい」とは確定していないということです。可能性としてまだなお内在しているケースは、「遠いところからわざわざ」→「来やがってあほんだら」や「何しにきたん?」です。

「遠いところからわざわざようおいでやす」も侮れません。その後に何か空で唱えているかもしれません。「おいでやす」と「おこしやす」すら使い分けがあるなど、侮れませんね。

「遠い所からわざわざ何しにきたん?」も、解釈によっては、「観光?仕事?」というような純粋な質問と、「来んなよ、帰れよ」「京都に何か御用ですか?」という意味合いまで、解釈はたくさんできてしまいます。

「今日はまたええ時計して」と一見褒めのような言葉を発しますが、これは確認を行っています。

これは、「高そうな時計だ」、「いいものをつけてますね」というような意味といえばそうですが、それを褒めているかということは確定していません。

「何調子乗ってんの?」や「見栄っ張りやなぁ」、「その程度で自慢?」などが空中を舞い踊っているかもしれません。時計を褒められたと思えば、こんな想念が飛んでいるかもしれません。

それを深読みして、「皮肉だ」と怒ってもダメ、褒められたと思って喜んでもダメ、という具合です。その時の反応で相手の教養高さを見極めています。

京都という土地は、極めて生きにくい所です。ただ、言語的な論理の研究グセや、心理の深読み能力は培われるのかもしれません。

現代人の皮肉 曙光 162


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ