唯物論者

かつて読んだ本に「生理学者の99%は唯物論者です」という一文がありました。

まずイラッとするのは「生理学者のような頭のいい人がみんな言ってるんだから唯物論が正しいよね」という誘導の傾向が見られることですが、そんなことは本題ではありません。

たとえ、生理的機能が物理的に観測可能であっても、「全部、物質の作用にしか過ぎない」と帰結できる安易さが問題です。

唯物論とは

唯物論とは全てを物として捉え、物理的な現象として捉えるということですが、客観的な物質の状態や現象で全てが説明できるという感じの考え方です。

全てを物質の状態や関係性という感じで捉えるので、ある種の客観的な世界を前提としています。そういうわけで唯物論の延長で社会を考えた場合には、社会主義などが生まれるわけです。個人の認識をさておき、客観世界の全体を重視するからです。

主体の説明

それはいきなりオチのような話になりますが、「物質がそのように作用しても、そもそもイライラって何?」というような質問で、正しさは覆るという点です。

たとえば、脳の中で、どういう物質が分泌されて、受容体がそれを受け取ったら「イライラ」が起こる、と言われても、「だからそもそもイライラって何?」という質問に対して、先の回答は答えにならないということです。

その物質を受け取って、脳が反応しているのはわかるけど、イライラという感情を感じている主体の説明にはなっていない、ということですね。

物質の作用や状態や位置関係

物質の作用で説明がつくのは途中までで、結局それを根拠に、「全ては物質の作用、状態、位置関係」などで「すべて」を説明することは不可能なことは明らかです。

こういう研究で、薬を作ったりするのは大いに結構ですが、だからといって「この世の全て」を説明することはできません。

全ては物質だと言い切れるか

結局感じているということはどういうことか、それを考えると、物質として観測は可能でも、主体は物質ではないのではないか、という疑問が残ります。物質であろうがなかろうが、今を認識している存在の中心のただ一点は、物質の流れを見ても観測できません。

考えている時、感じている時に、どんな動きをしているのかは何かの機械で観測できても、それは「動きを観測しただけ」で。対象そのものの説明にはなっていません。

それを前提とした場合に「全ては物質」と言い切れるかどうか、先の著者に聞いてみたいですね。

あくまで、物理空間として、物理宇宙という前提のもと、対象を物質と置いた場合の帰結にしか過ぎません。そういう前提を勝手に設定してしまうのは「お勉強」のしすぎです。本に書いてあること、観測できることしか思考の対象に入ってこない、という科学野郎の癖で、ある意味でかわいそうです。

しかし、観測できないものの存在を認める認めない、ということになったときに変な宗教の教義でその隙間を埋めるようなことはいけませんね。

全てが物質的な現象だとしても受け取りは?

ある物理現象もちろん、感情が起こっているときの物理現象を観測できたとしても、その状態自体、その信号自体を受け取っているのは何か、というところは唯物論では説明できないのです。全てはものだということになっていますが、「物の状態を認識して受け取っているものは何か?」というところの、「物質的な現象」や「物の状態」については説明できても、最終的な結果を認識しているものについては説明できていないのです。

ということで、いわゆる心というものは、作用をただ受け取っているだけのものかもしれません。しかも流れていて、その場その場で、瞬間瞬間で受け取っては消えていく、ただそれだけのものなのかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ