同情のお芝居

たとえわれわれがどのように不幸な人に関心を寄せようとも、われわれは彼の面前でいつも何かお芝居を演じている。われわれは重病人の寝台のそばにいるいしゃのあの慎重さを抱いて、われわれが考える多くのことや考えたとおりの多くのことを語らない。 曙光 383

世の中には本音を語る人は少なく、特に京都では本音を語る人は極端に少ない傾向にあります。

本当のことを言ったところで仕方ないというのが「本音」ですが、一応僕は、社会の中でもほとんど本音で生きています。

一方、「ほとんど」というのはいかなるものか、ということで、例外ケースがあるということです。

これは、「バカに話が通じないのは、相手がバカだからだ」ということに気付いたからです。本当に相手にしなくなりました。

バカがずっとバカな理由

世間では、

「小学生でもわかるように話す」

ということが推奨されているようですが、相手に合わせる必要はありません。

理解できない人は、何年も学習し直さないと理解できないほどにバカなのですから仕方ありません。

本当は、「機会の平等」という意味では、大学などでもある程度入りやすくするべきなのかもしれませんが、何かを教えようとする時、その前提となる学力すら無いのであれば、教えようにもなかなか時間がかかってしまいます。というより理解させることができません。

そういうわけで、「せめてここでやることが理解できるくらいにまでは学力をつけてから来てね」

というのが入試です。

「漢字が読めない」という人に合わせて、テキストを全てひらがなにしますか?

してもいいですが、「そういう人は、まずある程度漢字を勉強し、わからない場合は、自分で辞書をひくということを身につけてから来てください」ということです。

そういうのを無視して、「小学生でもわかるように話す」のが正しい、とするのは、おかしいと思っています。

自分が「小学生でもわかるように話そう」と意識する分にはいいですが、「小学生でもわかるように話すのが正しいのに、なんだお前の語り草は!」と逆ギレするのはおかしいということです。

バカは自分のバカさ加減を棚に上げます。

だからずっとバカなのです。

同情のお芝居 曙光 383


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ