サンバホイッスルデー

ほとんど音楽の話ではないですが、音に関することです。

数年前からですが、外からよく「ピッ」という音が聞こえます。ついでに「ピー」という長い音も聞こえます。ヤマトか佐川かわからないですが、携帯端末の操作でもしているのかな、と思っていました。

あまりに毎日鳴り続けるので、窓を開けて覗いてみると、近所のおじいさんのよくわからない乗り物(一人乗りの乗り物です。電気で動いているようです)の鍵を回したときの「オン」の音だったようです。

まあ一日数回なのでいいでしょう。

最近のことです。朝起きてしばらく経つと、「ピッ」という音が聞こえてきました。いつものことだろうと思って気にしないでいたのですが、「ピッ。ピー。ピーピピピピピピピピ」とずーっと鳴っています。まるでサンバホイッスルのようです。

「ピーッピピピピピピピッ!ピーッピピピピピピピッ!ピーッピピピピピピピッ!ピーッピピピピピピピッ!ピーッピピピピピピピッ!」

ずーっと鳴り響いています。

さすがに限界がきました。窓を開けると、何か木の棒の先端についている機械が音を出しているようです。何かを計る機械のようです。いつものおじいさんの乗り物ではなく工事現場から出ていたようです。

アラームのような不自然な音です。倍音も無く、周りの音を突き抜けて脳みそに響くような音です。

「ピーッピピピピピピピッ!ピーッピピピピピピピッ!ピーッピピピピピピピッ!ピーッピピピピピピピッ!ピーッピピピピピピピッ!」

僕はこの手の音が嫌いです。電子音が嫌いというか、波形の単調な自然界にない音は本当にダメです。シンセサイザーなどの音は、自然にあるような音を変形させているパターンがほとんどなので大丈夫なのですが、携帯電話系の音、固定電話の音、なにかの操作音の類、つまり「ピ」系が本当に無理です。

アラームの場合は、その目的が「起きること」なので、脳に響くようなほかの音を突き抜けて脳天に響くような音なのはわかるのですが、誰かが消し忘れてずーっと鳴り響いている場合は、本当に気が狂いそうになります。実際に目覚まし時計を何度か壊したこともあります。

昔、この音が苦手で、他の音に変えたところ、起きれなかったということがあります。確かに、「起きること」を主軸で考えると最適な音であることは間違いないでしょう。

こういう特性を持っているので、車のバックの音なども同様の音がします。「注意喚起」が目的ですから、それは結構です。

しかし、工事現場で、「注意喚起が必要な機械」ならわかるのですが、何かを計るだけの機械です。他の工事の音に埋もれないように作っているのでしょうか、それならばイヤホンででもやってほしいですね。

さて、「ピーッピピピピピピピッ!」が6時間も鳴り響きました。僕はこの音をかき消すために爆音で「久石譲」さんを流していたのですが、ダメです、曲は自然な音なので、「ピ」は間をすり抜けて「ピーッピピピピピピピッ!」が僕の脳天を突き抜けます。

工事の人に「静かにしてください」と伝えると、ボリューム調整ができないようです。作ったメーカーの人にクレームを言いたいところですね。

一応あまり長く鳴らないように、「ピッ」でなんとか作業をしてくれました。

その数日後です。

土曜日にも関わらずまた「ピーッピピピピピピピッ!」と鳴り響いています。窓を開けると今度は人が変わっています。また同じことを伝えるはめになりました。

そういえば昔「騒音おばさん」という方がいました。その方も目覚ましを多用していたはずです。それほどにあの「ピピピピピ」という音は人の神経をすり減らす能力を持っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ