五蘊盛苦(五盛陰苦/五取蘊苦)五種の執著の素因は苦しみをもたらす

五蘊盛苦(五盛陰苦/五取蘊苦)について触れていきます。四苦八苦シリーズ最後の苦しみは、この五蘊盛苦(ごうんじょうく)です。これは、五盛陰苦(ごじょうおんく)、五取蘊苦(ごしゅうんく)と表現されることもあります。五蘊盛苦とは、「五種の執著の素因は苦しみをもたらす」「五種の素因への執著が苦しみを生じさせる」という意味であり、四苦八苦全ての苦しみはこの五種類の素因への執著から成り立っているということを指します。

五蘊盛苦は、一切行苦の「一切の形成されたものは苦しみである」に最も関連し、おそらく四苦八苦の中で一番馴染みにくい哲学的な苦しみですが、それを紐解くと実感可能な苦しみであることが必ず理解できるはずです。

「要約していうならば、五種の執著の素因(五取蘊/ごしゅうん)は苦しみである」という感じで書かれていたりするので、五蘊盛苦が四苦八苦のすべてに通じる苦しみだという感じになります。

五蘊については般若心経にでも出てくる概念なので、言葉自体は見たことのある人もいると思いますが、五蘊盛苦はこれら五蘊に対する執著によって全ての苦しみが起こり、苦しみは五蘊に対する執著を解くことで無くなるという感じになります。

ただ執著は思考で解き放つことができるタイプのものではありません。思考そのものが執著であり、執着を持って執著を消すことはできないからです。

それではまず五蘊について見ていくことにしましょう。

五蘊盛苦の五蘊 色受想行識

五蘊(ごうん)とは、色受想行識(しきじゅそうぎょうしき)であり、それぞれ色蘊、受蘊、想蘊、行蘊、識蘊と呼ばれています。この心が受け取る世界はこの五種で構成されており、これら五蘊は世界を作る素因であり、構成要素です。

世界と言っても客観的な物理の素因といったようなという意味ではなく、そんな客観的物理世界もこの心が受け取らなければ何もないのと同じなので、この心に入ってくる世界の構成要素という感じです。そして、いくら客観世界を力説しようが「この私」が捉える世界が世界の全てなので、ここで取り扱う五蘊はこの世界の全ての素因であるという意味での構成要素ということになります。

この五蘊盛苦の五蘊は、般若心経にも出てきます。般若心経は、おそらく偽典であり「間違いだらけの矛盾だらけ」であると考えていますが、日本において馴染みがあるという点を考慮して少しだけ触れてみます。

般若心経中に五蘊が出てくる箇所は、

「照見五蘊皆空度一切苦厄」という部分です。

まあ現代語訳をしておくと、

「五蘊は全て空であると見切ることで一切の苦しみから脱した」という感じですが、もう少し詳しく書くと、

「対象や対象に触れること、それが何であるかという概念の把握、それについての反応やイメージの形成、そうして形成されたものに対する判断といった5つの素因は、全て「ある」と「ない」を統合した抽象的な「空」であり、「実在」しているわけではないということを見切り、全ての苦しみから脱した」

という感じになるでしょう。

五蘊(ごうん)は、色受想行識の五種であり、それぞれ色蘊(しきうん)、受蘊(じゅうん)、想蘊(そううん)、行蘊(ぎょううん)、識蘊(しきうん)といった感じで分類できるので、それぞれについて見ていきましょう。

五感や意識といった全ての入り口に対応してそれぞれの五蘊があります。ということで、五感で25種、意識を合わせると30種の蘊(素因)があるということになります。

六根と呼ばれる「眼・耳・鼻・舌・身・意(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚・意識)」の全てに五蘊が対応しているという感じです。

色蘊

色蘊(しきうん)とは、対象のものといった感じで、物質や身体といった、いわば客観的なものとして取り扱われるようなものです。こうした対象のことを「色」として扱い、それに触れたりすることなどが全てが始まるということになります。色蘊は素因として「そこに情報状態として形成されているもの」という感じです。

物質的な形という風に捉えてもいいですが、それでは意識的な領域が抜け落ちてしまいますので、なんとなく「外側の情報状態」という感じで捉えておきましょう。

視覚で言えば、基本的に目に対応する光、対象物に反射した光の情報状態です。それが文字なら、視覚に加えて情報状態としてある「言語としての情報」という感じになります。

受蘊

素因として色蘊が独立してその状態にあっても、それに触れなければ「この心」としては関係がありません。

受蘊(じゅうん)とは、素因としての色蘊に触れること、接すること、そして触れて対象を感受することを意味します。

「対象物を視覚的に捉える」とか、「音が耳に入ってくる」とか「触ってみる」とかそうした感じで感受することが受蘊であり、素因の一つとなります。

想蘊

想蘊(そううん)とは、感受した対象を心の中で捉えるという表象作用であり、「それは何か?」というイメージを持つことです。

単純に対象(色蘊)に接触し感受(受蘊)しただけでは、それはただの単純な信号にしか過ぎませんが、その信号をイメージとして捉えることが素因としての想蘊です。

「あ、これはお湯だ」とか、イメージでお湯を思い浮かべるという感じのときがわかりやすいかもしれません。

行蘊

行蘊(ぎょううん)の行は、おなじみの「形成されたもの」という感じであり、行蘊は意志作用とか、形成作用とか、意志形成力という意味があります。

「それは何か?」ということを捉えた後の反応といえば反応であり、対象を感受してイメージが出来上がったところで、それに対する意志が生まれることを意味します。

識蘊

識蘊(しきうん)とは、形成されたものに対する識別作用であり、それが何であり、自分はそれをどう捉え、どういうふうな印象を持ち、どう取り扱いたいと思い、というような対象に対する己の中の識別・判断を意味します。もちろんそれは記憶が原因となっており、ここで作られた識別・判断はまた記憶になります。

こうした感じで素因として考えられる色受想行識の五蘊に対して、それが起こりそして執著が起こることが苦しみの原因であるというのが五蘊盛苦(五盛陰苦/五取蘊苦)です。

五蘊の働き 瞬時に起こるプロセス

五蘊の働きは瞬時に起こっており、そのプロセスは日常に置き換えればすぐに理解が可能です。

「熱いお湯」と「水」を調整してお風呂のお湯を張っている時、「湯気」やたまったお湯に対して、目で見ることで「お湯が張れている」と捉えつつ、「なんだか熱そうだ」とか「ぬるそうだ」という判断をし、自分がお風呂に入るときをイメージしてお湯を調整しようと思い「実際にお湯に手を入れて再判断をしよう」と思い立ち、記憶の中から「手をお湯につけて判断するのが一番妥当だ」と判断し、手を入れて温度を感じ、熱いとかぬるいとかいったことを捉え、熱いお湯を足そうとか冷たい水を足そうとかいうことを判断し、蛇口の方に手を伸ばし…

という感じで瞬間的に五蘊は起こっています。

生きている限りこうした接触から識別までのプロセスは常に起こっています。まあ一時的に逃れるとすれば極度の集中力で非想非非想処レベルになっている時くらいでしょう。

「今」に集中することと今をスタートとすること

それを知らず経験もしなければ苦しみも起こらない

「この世界」を構成しているもの、それは対象への接触や感受、概念の把握、意志の形成、識別判断というシンプルなものです。

五感と意識といった6つの入口から接触・感受があり、最後にはそれを識別判断し記憶していっています。そして記憶からまた動機が生まれて何かに触れ、また何かを感じるということの繰り返しです。

対象との接触がなければ、それに対する識別や判断、そして感情も起こりえません。思い通りにならないという苦しみも起こり得ないという感じになります。

しかし、しかし生きている限り「何かに触れてしまう」ということから逃れることはできません。生きているということは、五蘊が生じるということになり、五蘊が苦しみの素因であり、五蘊に「こうあって欲しい」という執著が起こると苦しみになります。

生きている限り何かに触れてしまう

一般的な心は「気持ち」とか「考え方」のように捉えられたりしますが、あくまでこの心は、「何かを認識する働き」であり、「リアルタイムで現象をいかに知覚しているか」程度のものにしかすぎません。

過去や未来についての想像も今現在の意識の状態であり、そうした意識の状態を五蘊という構成要素・プロセスで認識しているという感じになっています。

目を閉じても瞼の裏が見えるように、生きている限り、何かに触れ、何かを感受し、それについて想起し、何かしらの意志を生み出し、識別し判断するということが起こっています。

生きているということは、変化し変化を感じているということであり、この心はそれを受け取っているにしかすぎないという感じになっています。

そしてそれら感受されるものは「全てとの関係性の中で今その状態にあるもの」です。

何かに触れ、それが好ましければ愛別離苦、好ましくなければ怨憎会苦、ある状態への変化を欲して叶わなければ求不得苦といった具合です。

そして生きているからこそ、何かをやらされ続けるという生苦が生まれ、生があるからこそ死の概念とそれへの恐れが生まれ、老いていくこと、病になることという逃れられない苦しみが生まれるという感じになっています。

今その状態にあるものと見破る

この心は、対象に触れて感受し起こった想念によって意志や判断を下しながら、この世界を受け取っています。一般にイメージされる客観世界も自分ではなく、この自分すらそうした関係性の中で常に変化し(諸行無常)、固定的なものとして「存在」しているわけではありません(諸法無我)。

それが観念的なものであれ、それを受け取ったということはただ単に「今その状態にあり、その状態を受け取っている」ということにしかすぎません。

自分の考えすら誰かの考えを聞けば変化し、直近に起こったことで気分が変わり選択判断も変化するので、固定的ではないゆえ、実在としての我が存在しているのではなく、この「自我」が今その状態にあり、その状態を受け取っているということにしかなりません。

生きている限り何かに触れてしまい、何かの動機は自然発生し、それに対応して叶ったとか叶わないとかそうした感じで煩悶している姿は、まさに生命の奴隷といった感じがします。

五蘊はこの心が受け取る世界を構成する要素であり、それぞれに「こうあって欲しい」という望みがあればそれが執著となり、渇望を生み出してしまいます。

「良い気分」すらその後の渇望のタネとなり、その後の判断の基準となり、苦しさの要因となったりします。愛するものと出会っても、その愛は別れる苦しみの原因となり、怨み憎むものと出会えば、そのまま苦しみになります。そしてそうした判断基準は五蘊により形成され、形成された五蘊によって苦しみが生まれるという感じになります。

単に「今その状態にある」というだけなのに、「思い通りにならない」と苦しさが訪れるという感じになっています。

源流を観察する

五蘊への執著が苦しみの原因であるのなら、原因が滅すれば結果も消えるということで、五蘊への執著を滅するということが苦しみから脱するキーポイントとなります。

思考上の理解を超えて、その五蘊を観察し、「今その状態にあるもの」と見破ることで錯覚が壊れます。

「座っている状態から立ち上がる」という一つの動作にしても、動機の発生を含めて様々構成要素・プロセスがあります。それをゆっくりと具に観察し、一種の知覚障害から脱した時、苦しみの原因が何なのかを体感で感じることができるかもしれません。

動機の発生や動作、行動の選択や対象への執著を含めて、無意識的に発生する全てを野放しにせず、その源流を観察していくと良いでしょう。

四苦八苦 あらゆる苦しみ

一切行苦

Category:philosophy 哲学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ