グラスマンの法則

すぐにお役立ちの心理学が満載

グラスマンの法則(Grassmann’s law)とは、ヘルマン・グラスマン(Hermann Grassmann)によって記述された加法混色に関する基本法則。

ヘルマン・グラスマンによって示された「グラスマンの法則」には、言語と色彩のに分野があるが、ここではグラスマンの法則のうち、ここで示すものは色彩に関する加法混色に関する基本法則である。これは第一法則、第二法則、第三法則、第四法則の4法則からなる。

第一法則

あらゆる色は3変数で表現することができる。

(いわゆるRGBによる表現)

第二法則

混色する二つの光の一方を連続的に変化させると、その見えもまた連続的に変化する。

第三法則

等色している色は、物理的にはどのような成分であっても、混色においては全く同じ効果をもつ。

第四法則

混色光の強度は、その混色したそれぞれの光の強度の和に等しい。

「アブニーの法則」(アブニー効果)

心理学 一覧

Category:心理学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ