大山乗馬センター 外乗で大山の自然を満喫

大山乗馬センター 外乗で大山の自然を満喫

うーまが合うからいつもいーっしょ♪

ということで、爆睡ツアーを催行する夏まで待ちきれず、愛くるしい馬たちに会いに再び大山乗馬センターへ。半年ぶりです。

大山乗馬センター 森の小道を馬に乗ってお散歩(2019年7月)

今回も2日連続の予定で向かいました。昨年末から予定していましたが、前回と異なり両日とも「一日中満喫」です。普通に外乗に行こうかなぁと思っていた矢先、確認してみると、「冬期限定 乗り放題パック」たるものがあり、当然のごとくそれを選んでしまいました。

馬に乗り放題なので、外乗や上達レッスンを受けたりしました。

うーまなーみなのね~♪

あーなたとーっても~♪

冬毛になった馬たちとの再会

冬毛になった馬たちとの再会 大山乗馬センター

冬毛になった馬たちとの再会 大山乗馬センター

冬毛になった馬たちとの再会。

冬毛のアイソトープ(馬)

冬毛のアイソトープ

「夏のことを覚えているかなぁ」と思いつつ近寄ると、なんとなく反応してくれるアイソトープ。

冬毛になって、夏よりも角が取れた感じで、一層愛らしいアイソトープ。

そんなこんなでディアマーベルのもとに。

「はて?」となるディアマーベル

「はて?」となるディアマーベル

「はて?」となるディアマーベル。

「んあ~…」

どっかで見たような…となるディアマーベル

どっかで見たような…となるディアマーベル

「どっかで見たような…」となるディアマーベル。

パウダースノーと行く山越え外乗

パウダースノー

パウダースノー

サラブレッドではなくアングロアラブのパウダースノー。芦毛ですが平成11年生まれのため結構白くなっています。

パウダースノーと行く外乗

パウダースノーと行く外乗

乗馬センター1、2を争う道草食いしん坊のパウダースノー。半年ぶりくらいなので気が緩んでいたのか、スタートして早速、道草を食われてしまいました。

その時点で主導権はパウダースノーに。

制止すると耳がブチギレモードに。

うーん…

どうしたものか…

パウダースノーと行く外乗2

パウダースノーと行く外乗2

近くの赤松池を通り、もう一つの方の池まで。

どんなコースをたどるのだろうと思っていると、結局12kmのコースだったようです。

パウダースノーと行く外乗3

パウダースノーと行く外乗3

大山の観光道路を歩きました。

真冬の突風により足首が…

標高が少し上がる度に気温は下がっていく中、鞍の上に乗って揺られていると、若干裾が上がってしまい、足首の防御が靴下だけになってしまいました。

この日は最大風速が9m程度だったらしく、時折吹く突風により足首がカチカチになってしまいました。

足首が真冬の突風でカチカチになる中、坂を登る度に鐙上でストレッチ状態になったりして、俗に言う「寒いお堂で正座」並の足の痛みを経験してしまいました。

やっぱりブーツじゃないとダメですね。

ディアマーベルとレッスン

冬毛になったディアマーベル

冬毛になったディアマーベル

その後、ディアマーベルとレッスン。軽速歩の特訓をしたりしました。

冬毛になったディアマーベル2

冬毛になったディアマーベル2

先程は「はて?」となっていましたが、思い出した様子。

ということで…

より洗練された前掻き

より洗練された前掻き ディアマーベル

より洗練された前掻き ディアマーベル

以前足ダンとしてご紹介した馬の前掻き。

あれから半年を経て冬毛になったディアマーベルの前掻きが洗練されていました。

前掻き ディアマーベル

前掻き ディアマーベル

前掻き ディアマーベル2

前掻き ディアマーベル2

前掻き ディアマーベル3

前掻き ディアマーベル3

前掻き ディアマーベル4

前掻き ディアマーベル4

前掻きに夢中すぎて目の前にあることが見えていないディアマーベル。

馬の視界は広いはず…目に映っても見えていない様子のマーベル。

と、それをクールに見守るパウダースノー。

クールなパウダースノー

クールなパウダースノー

マーベルよりも十歳年上ということで、年の功というやつでしょうか。

パウダースノーと行く森の小道

「んのあ~今日もスタートしなきゃなのね!」

ということで二日目です。

パウダースノーとレッスン

パウダースノーとレッスン

本日はレッスン後に外乗ということで、馬場でレッスンをしてから森の小道に向かいました。

パウダースノーリベンジです。

以前、ディアマーベルと行った森の小道へ。

草が心配です。が、これはリベンジです。

早速草を食うパウダースノー

早速草を食うパウダースノー

「んあー!早速なのね!」

まだ乗馬センターすら出ていないのに食べられてしまいました。

パウダースノーと行く森の小道

パウダースノーと行く森の小道

パウダースノーと行く森の小道2

パウダースノーと行く森の小道2

パウダースノーと行く森の小道3

パウダースノーと行く森の小道3

「はぁ…疲れたぁ」となるパウダースノー

「はぁ…疲れたぁ」となるパウダースノー

「はぁ…疲れたぁ」となるパウダースノー。

マリアンデールと行く湖畔往復

マリアンデール

マリアンデール

昼からはマリアンデールに乗せてもらいました。

またまたレッスン後に外乗に向かいました。

マリアンデールと行く湖畔往復

マリアンデールと行く湖畔往復

湖畔往復コースにて速歩を組み入れて。なかなか爽快です。

マリアンデールと行く湖畔往復 休憩中

マリアンデールと行く湖畔往復 休憩中

赤松池にて休憩。堂々と道草。

マリアンデールのヘッドバンギング

マリアンデールのヘッドバンギング

マリアンデールのヘッドバンギング

なぜか前掻きではなくヘッドバンキングで主張するマリアンデール。

マリアンデールのヘッドバンギング2

マリアンデールのヘッドバンギング2

大山乗馬センター

〒689-3319 鳥取県西伯郡大山町赤松2459-130(大山観光道路)
TEL 0859-53-8211 FAX 0859-53-8245

営業時間:通常9:00~17:00(3月~11月)、冬期10:00~16:00 (12月~2月)

定休日:水曜日

大山乗馬センター(公式サイト)

Category:adventure 冒険の旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ