感染後の集中の乱れ

「感染後の集中の乱れ」ということで、コロナ日記の続きを覚え書き程度に書いていきましょう。

個人的にコロナ感染による影響で何よりも面倒なのが集中力が不安定になることです。寒さに連動しているのか日による調子もありますし、一日のうちで調子がうねることもあります。

発熱は2日程度で収まり、その後咳や痰、鼻水が続いていました。

感染から現在で3週間以上経っていますが、未だに咽頭から副鼻腔にかけて炎症があり(先日、耳鼻咽喉科に行きました)、若干の咳と痰、鼻水、そして喉の痛みの症状があります。稀に声がかれたようになることもあります。

その程度ならば特に気になりませんが、やはり呼吸の浅さ等の関係からか集中力が高まったり下がったりします。

変性意識ゼロにも100にもできない

ということで集中について、ついでなので色々と試してみました。

症状が強い時には、変性意識ゼロの状態にも、強い変性意識にも全く届かない感じになりました。

つまり、どうしても煩いをそのまま受けるような感じになりました(今では多少マシになってきました)。

俗っぽい言い方をすれば「逃げることができない」というような感じです。まあ、体が暴走しているので致し方ないのかもしれません。

熱が下がれば大丈夫だろうと思っていましたが、その後も集中はあまり作れません。

「変性意識ゼロが無理なら、せめて強い変性意識によって意識空間を逃がそう」と意図しましたが、そちらも制限がかかっているような状態でした。

強い変性意識を生成できないということは、例えば、音楽を聴いて音楽だけの空間に没頭することができないというような感じです。

書籍を読んでも空間が生まれない

何かを書くことはもちろん、書籍を読んでもその本が持っている空間が生まれない、というか生み出せないという感じになっていました。

つまらない国語の授業を受けている程度の感覚にしかなれないというような感じです。

年明けくらいからは、徐々にそうした空間に入るようにはなれましたが、年末まではそのような感じでした。

ということで、療養していながらも「暇をつぶすことができない」というような感じでした。

絶対安静と言うほどの状態でもなく、ある程度体力は戻ってきているのに、何にも集中できないような感じです(できないなりに掃除などをしていました)。

新しいタイプの感情の暴走

また、面白かったのが、新しいタイプのイライラのようなものが暴走することを経験したという点です。

「蓋をされていたものが暴走した」というものではありません。

おそらく体からの衝動なのでしょう。怒りのタイプです。

味覚だけでなくすべての感覚が6割位に制限され、うまいものを食べても6割位しかうまいと感じられませんでした(今ではかなり改善しています)。

この新しいイライラは、そうした感覚の制限について、「ふざけるな!」というような衝動が起こったというのが一番近いかもしれません。

捨てる予定だったものをどれだけ蹴って粉砕したかわかりません。

とにかく頭が腫れていた

そうしたイライラも、ロキソニンを飲むと静まることがありました。ということで、あまり気づかない程度に頭痛がしていたのだろうと思います。

精神が乱れ、集中できない場合、頭が腫れていることがあります。ということで、精神的問題のようなものも、精神だけで何とかするのが難しい場合もあります。

保湿のためのマスクというものも、呼吸の浅さや耳周辺の圧迫により頭痛を招きます。喉を取るか、頭を取るかというような感じになったので、しばらくタオルを巻いていたことがあります。

基本的には集中が制限されているが、時に普段よりも突き抜けることがある

コロナ感染から3週間以上経過した今、まだ集中力は乱れていて、様々な感覚も制限されています。しかし一方で、数分から数十分程度、普段よりも突き抜けるような感じで強い集中を一瞬で生み出すことができることがあります。

怒りもあまり生じなくなってきました。

あまり聞いていなかった楽曲の細かな音まで立体的に見えるというか聞こえるようになってきました。

ただ、現在、そのタイミングは自分ではコントロールできません。

日に日にマシになってきているので、それも徐々に自分の意図したタイミングで叶うようになっていくのかもしれません。

油谷さんで嗅覚が戻る

そういえばやたらと頭皮等々が乾燥していました。普段は全く問題がないのですが、乾燥により皮がめくれるほどです。

ということで、油谷さんを見習い、「どんどこどん、どんどこどん」とつぶやきながらベビーオイルを頭と顔にベタ塗りしてみました(坊主頭の特権感があります)。

すると、乾燥による冷えやすさが改善されるのか、嗅覚が戻り、ついでに乱視もマシになりました。

本題としては頭皮の乾燥の改善でしたが、思わぬところに効果が現れました。

ただ、これは僕個人特有の現象なのかもしれません。

不意に出てくる言葉に込められたヒント

Category:miscellaneous notes 雑記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語のみ