草津熱帯圏 爬虫類 両生類

草津熱帯圏 爬虫類・両生類

お次は草津熱帯圏の爬虫類や両生類。といっても今回は、気になった生き物だけピックアップします。

草津熱帯圏 爬虫類コーナー

草津熱帯圏 爬虫類コーナー

ワニといった爬虫類を中心に、亀やイモリ・ヤモリ系の生き物、カエル等々のたくさんの生き物がいます。

マタマタ

マタマタ

マタマタ

ナイススマイルのマタマタ。

エリマキトカゲ

エリマキトカゲ

エリマキトカゲ

何か決心づいた風のエリマキトカゲ。

スッポンモドキ

スッポンモドキ

スッポンモドキ

若干タツノコプロの世界を感じるスッポンモドキ。別名ブタバナガメ。

メキシコサンショウウオ

メキシコサンショウウオ

メキシコサンショウウオ

ウーパールーパーことメキシコサンショウウオ。

アメリカドクトカゲ

アメリカドクトカゲ

アメリカドクトカゲ

毒々しいアメリカドクトカゲ。

爬虫類コーナーにて

草津熱帯圏 爬虫類コーナー2

草津熱帯圏 爬虫類コーナー

男女複数人のグループが爬虫類コーナーを歩いていました。

こうした時、素の自分はさておき、いかに周りにサービスし、いかに「楽しい自分」をアピールするかの檜舞台といった雰囲気が漂います。

「あなたと一緒にいるこの時間を心底楽しんでいますよ」という演出です。

ということで、「へぇ、シャムワニかぁ」「へぇ、スッポンモドキかぁ」という形で、おそらく本当はそれほど興味がないであろう男子が声のボリュームを自然の1.5倍増しくらいでつぶやいていました。

負けじと女子もカピバラを見て「かわいい!」と絶叫です。確かに多少は可愛いと思っているとは思いますが、普段の女子力向上会議の合議結果を実行せんとばかりに「少しの感情を最大限に増幅して声を張る」といった感じでした。

第三者に違和感を感じられているということは、演技としてすらまだまだという感じです。なお、個人的には本当に感情的になった時は言葉が出ない、とりわけ言語としては発しないのが普通だと思っています。

しかしながら互いに多少は酔っている状況にあっては、それくらいでちょうどよいのかもしれません。

と、爬虫類コーナーだったので、世間一般のステレオタイプ的な爬虫類イメージの視点からのお話でした。

草津熱帯圏

〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津286

心にググっと群馬県 2018 草津温泉&草津熱帯圏

Category:adventure 冒険の旅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ