感情のくだらなさに気付いたのなら

ほんの稀にですが、感情に苛まれそうになる場合があります。それは苦しい感情であり、苦しい状態です。

もちろんすぐに脱するのですが、そんな時はいつも「くだらないなぁ」と思います。

そんなことを一番最初に思ったのが高校生の時です。

どんな理由だったかは忘れましたが、ある時何かに悩むように何かを考え、嫌な感情に苛まれていました。

そこで十代にありがちな「友人と遊ぶ」ということを思いつき、電話をしてみたのですがあいにく友人はバイト中であり、電話は繋がりませんでした。

一時間くらいして電話がかかってきたのですが、その時には既に嫌な感情は消えていました。

とにかく好きな音楽を聴いて楽器を触ってということをしていると自然と感情はどこかに行っていたのです。

この時、「あの気持ちは何だったんだ?」ということを思いました。

「音楽を聴いて楽器を弾いてということをしただけなのに、それで消えるくらいなら最初からそんな感情を起こすなよ」

というような感想です。

その時から「自分の感情はアテにならない」ということを思うようになりました。

制し難きこの心

世の中では心を強くしたいとか、己の心を制したいという感じで、心を鍛えようとする人もちらほらいますが、そういうことは試みるだけ無駄であり、感情の本質を見破ってしまう方が早くて確実だと思っています。

忍耐力を高めるとか、折れない心を作るとか、感情の耐性を作るとかそうした感じで、心は鍛えるものだというような体育会系の発想がありますが、なんだか方向性が違うような気がします。

感情は純粋ですが、反応にしかすぎません。

その反応は選ぶべき方向を示唆したりもしますが、感情が思考に影響を与えると、思考で解決を試みようという方向性にセットされてしまったりします。つまりアイツの罠にハマるという感じです。

「何かをしなくてはならない」

と思えば思うほど、また嫌な感情に苛まれたりします。

いっそのこと「すべて手放す」くらいのほうが感情の面でも現実的な現象の展開の面でもうまくいきます。

世の宗教にありがちな「神の意志の赴くままに」的なやつは、間接的に「手放す」ということをしているため、一種の効用があります。その実際の構造の把握の本質はさておき、効用だけ見れば確かにある程度理には適っているという感じになります。

「『己』としてあれこれすることを放棄する」という感じです。

この心を自分で制することができないのなら「制することを試みることすら放棄する」という感じで意識が変化すると、抵抗による感情が消えたりもするという構造になっています。

感情のくだらなさ

ほんの稀に起こる嫌な感情は、瞬間的でありながら一種の魔との戦いであり、その戦いでは「少年漫画のヒーロー的な戦闘のありかた」は何の意味もなしません。何の意味もないどころか「戦う」という感覚自体が、対象の肯定と意識の集中、そして抵抗を生み出し、さらに感情が増幅するということで逆効果です。

「この苦しい感情をどう解決するか?」

というような感じで、世の中では何かを解決するための具体的な方法論などが囁かれたりもしていますが、それらがほとんど意味をなさないような過酷な戦いです。

寝に入る時や寝ぼけている時などに不意打ちでそれがやってきます。

それは過去を思い出して苦しむというようなものよりも、過去が影響したような形で未来を絶望に追いやるような形でやってきます。

時に現状を受け入れ忍耐を受け入れるのが正しいかのような演出をしてきたりもします。

そして時に思考上で誤謬を与えてくる、それが嫌な感情です。

考えたところでロクでもないようなことばかり提案してくるという感じです。

本当に必要な痛みなのか?

そう考えると嫌な感情は腹痛に似ています。激痛のあまり対策を打とうにも痛すぎて動けない、それくらいにまで苦痛を与えて一体何がしたいのだ、という感じです。

そのレベルまでの激痛は、本当に必要な痛みなのかとすら思ってしまいます。そんなことをするくらいならそのエネルギーを回復の方に回せと言いたくなります。

「その痛みをもって体にどうプラスになるのだ?」というのと同じように、「その感情をもってこの心にどうプラスになるのだ?」ということを思ってしまいます。

そんな感情のくだらなさに気付いたのなら、感情などその程度のものだと見切り、時空の彼方に飛ばしてやるくらいがちょうどいいということになります。

それはそれだけで苦しさから脱するということでもありながら、そうした方が実際にあるべき正しい方向性を発見しやすくもなります。

Category:うつ、もしくはうつ気味の方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ