水仙の原種 ナルキッスス・バルボコディウム

水仙の原種 ナルキッスス・バルボコディウム

水仙の原種 ナルキッスス・バルボコディウム

水仙の原種として有名な小型原種スイセン「ナルキッスス・バルボコディウム」です。
水仙と同じくヒガンバナ科スイセン属(ナルキッスス属)です。もちろん水仙と同じく球根植物です。
ナルシストの語源となっているナルキッスス(ナルキッソス)は、ギリシャ神話に出てくる美少年で、湖面に映る自分の顔に恋をして、「いつこの美しい者と実際に会えるのだろう」と恋い焦がれるうちに死んで花となったという事になっています。その花が水仙ということになっており、水仙の原種としてこの花にナルキッスス・バルボコディウムという名が付きました。

美しくたくましく福井県 2018 越前町&若狭町へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ