岩魚坊主 妖怪ブロンズ像

岩魚坊主 妖怪ブロンズ像

岩魚坊主 妖怪ブロンズ像

岩魚坊主 妖怪ブロンズ像

殺生を戒める大岩魚の化身岩魚坊主。

水木しげるの妖怪事典によると、現在の岐阜県の一部である美濃国恵那郡の付知・加子母などの村々(現在の岐阜県中津川市の一部)で、かつて山椒の皮汁を川に流す「毒もみ」という漁の方法があったようで、その方法で魚を取ろうとした若者たちに坊主がやってきて「すべての魚を殺すのだから思い止まった方がよい」と戒めに来たのが大岩魚の化身岩魚坊主ということのようです。

水木しげるロードへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ