カテゴリー別アーカイブ: IT &Internet パソコンとか通信とか

IT &Internet パソコンとか通信とか

広告による威厳の喪失

家にテレビもなければ、もちろん新聞もとっていないので、世間のニュースに関しては全く無頓着で無関心という感じで、普段あまり広告に触れることがありません。しかし、なんだかんだでネット上の様々なページに表示される広告なんかを見る機会があります。 そうした広告自体が鬱陶しいですし、広告に込められているメッセージ自体が刷り込まれていくので、本サイトには一切の広告を設置していません。もちろん今後もつけることはありません。 で、昔から思うのですが、落ち目の人ほど胡散臭い広告に出演し、まさに広告塔という感じで再活躍されることがあり

» 広告による威厳の喪失の続きを読む


ゲームと知能

僕はファミリーコンピュータと同い年であり、小学生の頃はスーパーファミコン全盛期であり、小学校高学年くらいから中学生の頃はセガサターン・プレイステーションの登場によってそれにどっぷり浸かるような世代です。 ファミコンが1983年、スーパーファミコンが1990年、セガサターン・プレイステーションが1994年ということで、まさに成長期がゲーム全盛期という感じになっています。 そんな中、「ゲームをすると頭が悪くなる」などと囁かれていましたが、我が家では全く逆の立場をとっていました。 あまりコンピュータのことを分かっていない

» ゲームと知能の続きを読む


ネット空間での人格

古くは掲示板、最近では動画共有サイトや匿名系SNSなどなどでの振る舞いがよく問題になっていますが、考えてみるとネット空間においては、少なからず人格が変容しているのではないかということを思っています。 一部の人において、それは「その人のその部分」というような一部的なものではなくて、インターネットに触れている時は全く別の人格になっているというような感じです。 匿名性がある方が、普段の主要な社会的役割の制限なく自由に活発な議論ができるというメリットがあります。 例えば、会社勤めの人で性同一性障害のある人が実名でそうした話

» ネット空間での人格の続きを読む


記事をパクっていくアフィリエイターたち

たまーに記事がパクられていくようです。 広告収入のために記事をパクっていくということをしている人がいます。 アフィリエイターというか、アドセンス広告収入などを得ようとしている人ですね。 まあ常連さんならおわかりの通り、このブログの内容は僕にしかかけないような内容です。 特にサイドに表示しているPV数の高い記事がパクられがちのようですが、見つけ次第どんどん通報していますので、 パクリコンテンツアフィリエイターの方は、 僕およびGoogleの制裁を心待ちにしてください。 ワクワクするでしょう? リンク付きの引用ならまだ

» 記事をパクっていくアフィリエイターたちの続きを読む


iPhoneから普通の携帯電話へ

ついにiPhoneから普通の携帯電話へ変えることになりました。 iPhoneやSNS、通話アプリケーションのテクノロジー(といっても特に進化しているわけではありません)を否定的にとらえているわけではありませんが、多少なり得ていた意識のノイズと、集中力の分散、つまり意識の負荷を軽減して、文字通り浮いた時間と労力と、少しばかりのお金を、さらに有意義に配分するということにしました。 これからますますシンプルに、煩わしいものがさらに無くなっていくでしょう。 情報化とは言われるものの、情報量が膨大になればなるほど、その要は、

» iPhoneから普通の携帯電話への続きを読む


第500回投稿記念

これで500記事目です。ということで第500回投稿記念の回です。 常連さんいつもご高覧ありがとうございます。あれほどおもんないグループについて書いているのに、再訪問いただいているということは確実におもんないグループの方ではないでしょう。 とうとう記事は500になりました。曙光のタイトルの量が膨大すぎて、なかなか進みませんが、通常カテゴリもちょろちょろと書いていこうと思います。一応3/28までは宝探しをしています。一周年が見えてきたところで「ぼちぼち」といわず、ブーストをかけて連投していきましょう(せめて一周年くらい

» 第500回投稿記念の続きを読む


ブラウザ系ウイルス(広告系)

親友から電話がかかってきて、なんのことかと思えばブラウザに変な広告がバンバン出てくるということでした。ゾゾを見ていて商品詳細に飛ぼうと思ったら変なサイトに飛ばされる、つまりは内部リンクですら外部扱いされるみたいなパターンでした。三日間くらいあれこれ対策を練っていたそうですがイマイチ根治には至らず、「お金を払うから直してくれ」という感じで呼び出されました。別にお金はいらないと思いつつも、親友宅に着くとすでに封筒に用意してありました。ということで一応の有償サポートになってしまいました。 ひとまず怪しいものをアンインスト

» ブラウザ系ウイルス(広告系)の続きを読む


保証期間は1年です

たいていの家電などはメーカー保証が1年になっています。 この「保証期間1年」というものに関してトラブルがありました。 昔学校で習ったのですが、隠れた瑕疵(欠陥)については、変に販売店保証などをつけると、瑕疵担保責任の特約になって「知ってから1年」ではなく、契約時に設定した期間に限定されてしまうというようなことを聞きました。 参考までに瑕疵担保責任について 瑕疵担保責任 第570条 売買の目的物に隠れた瑕疵があったときは、第566条の規定を準用する。ただし、強制競売の場合は、この限りでない。 第566条 略 前二項の

» 保証期間は1年ですの続きを読む


友達申請とお知らせ

「人脈を広げたく友達申請をさせていただきました。よろしければよろしくお願いいたします」 SNSはほとんど触りませんが、こういった類のメッセージがよく送られてきます。月に数件でしょうか。それどころか、社長同士の集まりの名簿を見て検索して、ただ友達申請してくる人もいます。いずれもロクでもない人なのは明確なのですが、こんなもので「友達」になって、人脈なのでしょうか。それにたいていどころか、すべて士業か保険屋、おそらくマルチであろう人です。 仮に友達になってもその人の広告を見せられるだけです。広告ではなさそうに見えて結局ブ

» 友達申請とお知らせの続きを読む


おもんなさの加速

何度も繰り返していますが、この世にはおもんないグループというものがあります。もちろん検索経由の方はわかりませんが、ひとまずはこのサイトの常連さんではないことは確かです。みなさんが、たとえばiPhoneの新機種が出るたびに有給をとって「バブルの父」と「ゆとりの息子」で発売2週間前に東京に出てきて並ぶような類の方ではないことは知っています。また、みなさんが、そんな方に差し入れをもっていくような類の方ではないということは以前から気づいています。 それはいつの時代でもあったものですが、インターネットの普及によりその露出がか

» おもんなさの加速の続きを読む


シェア

おそらく最近の流れは「シェア」という言葉を流行らせようとしてきたのでしょう。 繰り返しになりますが、僕は違和感を大切にしています。 「共有」というものの本意は、もちろん何か感じたことや、ものをみんなで味わおうというものですが、コミュニケーションとしては「ただひとり、あの人には伝えたい」であるべきなのではないかとふと思いました。 別にそうガチガチにとらわれることもないのですが、どうも「共有」の使い方が広告臭くなってきたので、なぜ、こんなにも違和感を感じるのか、いつもと違う角度で捉えてみようと思ったのです。 もともと「

» シェアの続きを読む


実験にお付き合いいただければ幸いです

先日、ある宗教法人のプロパガンダ映画(アニメ)をあえて観てみました。 別にそこの団体を否定するという動機で観たのではないのですが、「ふーん」というような感じで観てみました。 すると配給は大手の会社でした。 声優も有名なアニメのキャラクターを担当している方の声でした。 声優の方は、プロダクションに脅されている可能性があるので、何とも言えないですが、当の会社はお金を積めばなんでもやってしまう、というのが残念でした。 拝金主義者が拝金主義を否定する映画を制作しているのだから、字義通り矛盾が生じています。 ― 方便というも

» 実験にお付き合いいただければ幸いですの続きを読む


引き締め(ブログやSNS)

インターネットの世界はどんどん加速して、いろいろな機能がすぐに追加されます。 でもあるラインを超えると、どうしても次には制限をかけたほうが流行ります。 今更ながらそんなことを思い返したので少しだけ。 昔はブログが流行りました。 でも誰にでも見られる可能性があります。 嫌な人にも見られる可能性があります。 そして、そのうちスパマーたちの餌食になりました。 親しい人たちにだけ見せようにも昔はそれが難しかった。 そこでmixiなんかに移行した人が多かったように思います。 第一段階の引き締め ブロブの問題点だったのは、ある

» 引き締め(ブログやSNS)の続きを読む


ただのゲーム機とレイトマジョリティ

数年前だったと思いますが、宣伝だけうまい会社の人が 「現代のビジネスマンはiPhoneとiPadを使いこなして…」みたいなことを言っていました。 それは単にB層のレイトマジョリティ向けのパフォーマンスにしか過ぎないと思いますし、僕はただのゲーム機だと思っています(B層戦略(概要))。 ちなみにレイトマジョリティというのは、ある革新的なものがかなり流行りだしてからそれに飛びついていく人たちのことです。 ― 営業ツールとして少しは使えるかもしれませんが、およそビジネスシーンにはあまり使えないでしょう。 友人の店舗で「会

» ただのゲーム機とレイトマジョリティの続きを読む


今はプリンタでポンと出るんだからさぁ

僕は中学生の時に、ようやく本体とモニタの分離型が出だしたころのMacを使っていました。 その後すぐにWindows98を使い始めて、この頃からインターネットライフを楽しんでいます。 しばらくパソコンを触らなかった時期がありますが、未だに忘れられない出来事があります。 成人してからの話です。 バンドのメンバーが抜けてしまったので、メンバー募集の張り紙をしにいろんな所に回りました。 そこでの出来事です。 プリンタが故障していたのもありますが、手書きでコピー用紙にマッキーで書いたものをコピーして持参しました。 手書きであ

» 今はプリンタでポンと出るんだからさぁの続きを読む