B層を完全に排除

かなり前ですが、「B層の研究」でB層について触れたことがあります。その記事だけでなく、たまにB層については触れています。

個人的にはB層とは一切絡んでいません。が、一般消費はB層がメインのため、事業として少しはB層も対象にした方がいいのかなぁ、とも思いました。

しかしながら、それもやめました。

世の中は多数決が正しいと本気で思っていますが、そんなことはありません。

コアとなる重要な人とだけ出会っていれば、事業は特に傾かないということに気づきました。客層を完全にA層に絞ることにしました。

B層と話すと辟易する

やはり仕事をしている限り、多少の煩いがあります。

それは瞬間的ですが、やはり少なからずの煩いがあります。

そこで、どんなときに煩いが生じるのか、ということを思い返した時に、相手がB層だったことが判明しました。

仕事の面ではそれでも相手にしていたのですが、最近では、相手にもしないことにしました。

タイトル通り、「B層を完全に排除」です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ