宝ヶ池で釣りをしていた犯人情報

みなさまこんばんは。 宝ヶ池で釣りをしていた犯人について追加情報があります。 いんもさんより証拠動画を送信いただき確認しましたところ、顔だけでなく、様々な情報が推測ですがわかってきました。 京都マラソンのボランティアスタッフ 犯人の一人は、京都マラソンのボランティアスタッフです。 そして京都マラソンのボランティアスタッフ募集要項を確認したところ、15歳以上(中学生不可)でした。 ボランティア活動日現在で15歳以上の方(中学生は不可)であれば、どなたでも応募いただけます。 2016年2月21日(日)は、京都マラソンの

» 宝ヶ池で釣りをしていた犯人情報の続きを読む


宝ヶ池・宝ヶ池公園を愛するみなさまへのお願い

「宝ヶ池」のページは、宝ヶ池に関するウェブ検索で各様々な検索キーワードで検索結果上位に食い込むことにより、「宝ヶ池で釣り」を抑止しようという試みです。 「宝ヶ池」というキーワードを含んだ検索をされる方は、宝ヶ池に行かれる確率高いため、宝ヶ池公園のページをご覧になった方々がひとりでも多く、宝ヶ池公園で釣りをしている人に目を光らせていただき、その場で警察に110番通報していただければと思っています。 そして、そのようなことが当然になれば自然に、宝ヶ池で釣りをしにくくなります。そして、宝ヶ池での釣りを撲滅しようという趣旨

» 宝ヶ池・宝ヶ池公園を愛するみなさまへのお願いの続きを読む


宝ヶ池公園の釣り人へ

本日、心ある方よりご連絡をいただきましたとおり、宝ヶ池で釣りをしている人がいたそうです。犯人は、中高生のようです。 御存知の通り、僕は宝ヶ池公園が大好きです。そこで暮らす生き物も大好きです。 宝ヶ池にまつわるページはウェブ上にたくさんありますが、ウィキや京都市など公式性の高いサイトを除いて、ひとまず宝ヶ池関連クエリで上位に食い込んで、釣り人をなくすということに力を注ぐことにします。 まあ、このようなことをしていると面白がって、逆に釣りに行くような人もいるかもしれません。 宝ヶ池での釣りを発見次第… 安心してください

» 宝ヶ池公園の釣り人への続きを読む


女の意見は調べた結果と自分の都合

久しぶりに雑記にてフリースタイルで書こうと思います。というのも曙光を実家に置いてきたため、タイトルすらわからないという状況だからです。 個人的に既婚か未婚かは内緒ですが、またまた女性について書いていきます。僕がこの世で一番嫌いなものは女性です。女ぎらいで触れましたね。 最近、森林原人さんの記事を読みました。 名前を見てピンとくる方はあまりいないと思いますが、しみけんさんなどと共に、個人的に「絶対勝てない境地の人」として、ある側面では尊敬している人の一人です。職業は男優さんです。 たまに○玉などのことについて触れてい

» 女の意見は調べた結果と自分の都合の続きを読む


元曲がわかる辛さ 峯田和伸

音楽カテゴリへの投稿は、前回の大瀧詠一氏以来半年ぶりです。 前回の投稿でも、近いようなことに触れましたが、楽曲は洗練されていないと元曲がわかってしまうものです。 ある大瀧楽曲のうち、山下達郎氏には元曲が3曲しかわからなかったものの、大瀧詠一氏は「実は5曲ですよ」というオチを明かしたりしていたのは有名ですが、頭のなかのサンプル数で、元曲がどれかなどすぐに分かってしまうものです。 自分が音楽をよく聞いていた頃はまだ頭のなかのサンプル数が少なかったからか、あまり元曲がわかる辛さを感じることはありませんでしたが、最近、コン

» 元曲がわかる辛さ 峯田和伸の続きを読む


二つの異なった状態のために一言

本書「曙光」では情熱に駆られた状態のときについて述べていますが、ここでひとつ、意志決定について少しだけ触れようと思います。 胡散臭いコンサルをはじめ、胡散臭くない人であってもよく言うのが、「経営者に必要な能力は決断力だ」ということです。 まあ間違いではないでしょう。 何かを決めるときは、目の前の選択肢の中から選ぶわけですが、選んだ瞬間、他の選択肢を捨てることになります。時にイイトコどりということもできますが、概ねそんな感じでしょう。 選択肢の中から選ぶ 「車の運転が上手い人は、仕事もできる」とよく言われますが、全て

» 二つの異なった状態のために一言の続きを読む


あることを是認する

われわれが結婚を是認するのは、第一にわれわれは結婚をまだ知らないから、第二に、われわれは結婚に馴れているから、第三に、われわれは婚約しているからである。― すなわちほとんどあらゆる場合に是認する。それにもかかわらず、結婚一般の品質の良否については何もそれで証明していない。 曙光 359 なんだかんだでニーチェは結婚ネタが好きですね。 ご無沙汰しております。bossuです。眼のピクピクも少し落ち着いてきました。 さて、以前結婚相談所の方と、結婚についてお話をしたことがあります。 「結婚=第三者に対する二人の関係性の外

» あることを是認するの続きを読む