死すべき魂!

認識に関する最も有用な業績は、ことによると魂の不滅への信仰が放棄されたということかもしれない。現在人類は待つことが許されている。現在人類は、かつてそうしなければならなかったように、あわてふためいて、半分しか吟味されていない思想でのどをつまらせる必要はもうない。 曙光 501 前半 そんなに生きたいとも思わず、また生きたくないとも思わない、という状態が本体あるべき姿です。 何故かニヒリズムが再びよく閲覧されているようです。そういえば書いてから一年以上経過しているということを忘れていました。 そういえば、私事ながら気力

» 死すべき魂!の続きを読む


理由と、それが理由にならぬこと

君は彼を嫌悪しており、この嫌悪に対する理由を沢山もち出す。― しかし私は君の嫌悪を信用するだけであり、君の理由は信用しない!本能的に生じるものを、君や私に対して三段論法のように提出することは、君自身への胡麻擂りというものである。 曙光 358 感情はストレートに「真」ですが、その裏付けとなる思考には穴がある可能性が常に内在しています。 嫌いという感情は、論証の必要なくまさに正しいのですが、「なぜ嫌いか?」という理由付けは正しさを帯びることがありません。 世間で、とりわけ飲み屋で繰り広げられているこういった議論は、ほ

» 理由と、それが理由にならぬことの続きを読む


「道。」

いわゆる「近道」は、いつも人類を大きな危険に導いた。そのような近道が見つかった、という福音に接すると、人類はいつも自分の道を離れ― そして道を失う。 曙光 55 昔からよく近道を選ぶとえらい目になる、というようなことが色んな所で囁かれます。 しかしながら、それは横着をするなという戒めのようなもので、効率のよいやり方を模索することは、非常に険しくリスクも伴いつつも、人を成長させるものです。 一番の手抜き 「近道が見つかった」という福音は、いわゆる宗教の哲学的パッケージも、大企業や大組織への就職も同じことが言えるでしょ

» 「道。」の続きを読む


新年 2016

みなさま、あけましておめでとうございます。 2015年から2016年になり、年明けからすでに1週間以上経過していますが、あらためまして、あけましておめでとうございます! 正月の休暇のおかげで体はほとんど回復しました。 正月は白味噌の雑煮ばかり食べていました。例年は白味噌とすましを交互に食べますが、今年は白味噌ばかりです。 先日地下鉄に乗っていると、洗脳されたおばあさんが、見ず知らずのおじいさんを宗教勧誘していました。その時の勢いは凄まじく、やはり洗脳パワーは恐ろしいと感じました。 最近では仕事面においても、大半の人

» 新年 2016の続きを読む