風習と美

握手というものは、万国共通だということを聞きますが、ネパールで友人のお兄さんに初めて会った時に、右手で握手して、さらにいつもの癖で左手を添えると怪訝な顔をされました。

一応あの文化圏では、左手は不浄の手とされていて、トイレに行った時でもトイレットペーパーなどを使わずに、原則左手で洗うようですから、確かに怪訝な顔をされるのはわかるような話ですが、怪訝な顔をしてしまうくらいなら、そんなこだわりというか風習はやめたほうがいいのではないでしょうか。

嫌な気分発動条件

それは文化の押しつけでもなんでもなくて、左手を当てられると「嫌な気分になる」というのは、「嫌な気分発動条件」が、ほかの人よりも多いという無駄だからです。

左手で股間を洗うのは結構ですが、他の人に触られたからといって嫌な気分になるのは無駄なことです。自分でやるのは結構ですが、そんなことを気にしていたのでは、何のための風習かわかりません。

今年の新米が初めて収穫された、ということで「いつもはジャーですが、一発目は土鍋で炊きます」というような風習は別にいいのではないでしょうか。

いざ「土鍋がない」といって騒ぐのはやめておいたほうがいいですが、一発目を丁寧に炊いてみるということくらいはよいと思います。そんな風習くらいは何の問題にもなりません。

条件反射で無駄に嫌な感情が起こる

しかしながら、こちらの気持ちとしては「不浄の手を添えて、嫌な気分にしてやる」と思っていないのに、向こうは条件反射で無駄に嫌な感情が沸き起こってしまう、その直後に文化の差を頭で考えて、特には怒らないというようなことが起こっています。

僕はそのことで嫌われても構いませんが、一瞬でも嫌な感情が発動してしまうような事柄は無くしていったほうがいいでしょう、と思ってしまいます。

風習と美 曙光 25


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ