道徳的な目標の定義に反対

現在いたるところで道徳の目標がほぼ次のように規定されているのを聞く。それは人類の維持と促進である、と。しかしそれはひとつの定式を持とうとすることでありそれ以上ではない。どこを維持するのか?と直ちにこれに問わざるをえない。どこへ促進するのか?と。ほかならぬ本質的なものが、このどこを?と、どこへ?の答えが、定式の中で脱落しているではないか!したがってこの定式を用いるなら、倫理学のためには現在すでに暗黙の内に無思慮に確定されたとみなされているもの以外の何ものが確定されるであろうか! 曙光 106 前半

本質的なものの定義が、定式の中で脱落しているのはよく見る光景です。気分や恐怖心から定式を発しているにもかかわらず、それを普遍的なものとして周りの雰囲気で確定していくことが多いでしょう。

雰囲気は雰囲気で、気分は気分で、文学的な一つの形としての「お遊び」ならいざ知らず、他人への強制、利己的な統制のために使われていきます。

「いじめはかっこ悪い」という標語などがわかりやすいでしょう。

健全な青少年育成のためという謳い文句

「健全な青少年育成のため」という謳い文句で、スポーツの推進をしていますが、昔から不思議なことがあります。

では、どうしてプロの世界で乱闘などをしているのでしょうか。大の大人が、イラッとしただけで殴りにかかっていい、ということになれば、健全な大人というものはイラッとしたら乱闘していい、ということになります。

体育の授業中にガムを噛んでいたら説教されますが、プロはガムを噛んでいいそうです。その違いが未だにわかりません。

そういった事実がありながらも「健全な青少年育成のため」というのは、いったいどんな青少年を育成しようとしているのでしょうか。

健全な青少年の定義が曖昧です。一体それがどんなもので、どんなふうに向かっていくのかかなり不透明です。育成する側が、暴力で指導しているようでは、そのような青少年になります。

上位に属するものは暴力で指導すること

その時に目上はしてよい、と居直ったりしていますが、それもきちんと明文化して「上位に属するものは暴力で指導すること」ときっちり定義してみてPTAに報告してみてください。

そんなことを不透明な定義だと思わないことが、無思慮であり、どんな思考回路なのか不思議に思ってしまいます。

「いや、これはいいんだ」というのは、どういう論理構成でその帰結になっているのか、定式化して示してみて欲しいのですが、その手の人でそんな頭を持った人に出会ったことがありません。脳味噌が筋肉でできていますから。

といった内容を、ニーチェは語っているのでしょうか。ふふふ。

道徳的な目標の定義に反対 曙光 106


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ