誰が一体いつか孤独になろうか!

恐怖心をもつ者は、孤独とは何であるかを知らない。彼の椅子の背後にはいつも敵がいる。― おお、孤独と呼ばれるあの繊細な感情の歴史を、だれがわれわれに語ることが出来ようか! 曙光 249

孤独が嫌だからといってある対象と一つになりたくても、それには限界があります。いくら近づいてもそれ以上は近づけない、そして同化したくてもできないということは、想像しただけでも十分にわかります。

意識の上である程度同化するようなことはできます。しかし、一つになったわけではありません。

現象を感じる場所

感じることが出来るのは自分の五感と意識でしかありません。

たとえ何か物理的に同一化出来たとしても、感じている場所が同じではなく、確実に感じているとわかるのは、元の自分と同じ心、それまでにもあったような一つの心だけです。

それが感じる何かが変化するだけ、決して一つにはなれません。一つになる必要もありません。

群れたい気持ち

孤独はいけないことだ、みんなと戯れたい、群れたい気持ちはみんなもっている、というのが相場のようですが、そんなことはありません。

外に何かを求めて、何か安心感のようなものはあるのかもしれませんが、それは自分の意識が変わっただけで、何かと「絆」ができたわけではありません。その時に出来たようなつながりは、永続はしません。

諸行無常ゆえに

自分も相手も変わらないのであれば、変わりはしないかもしれませんが、諸行無常ゆえに心身共に瞬間瞬間で変化し、そして変化があったから、その人との関係性が経験されたということになります。一つの関係性がある地点からは永続するということはありません。

いつか孤独になるという以前に、孤独でなかった試しはありません。たまに意識がかき乱されて、意識が持っていかれるかのような錯覚が起こることがあります。その時に、孤独ではないと錯覚しているというようなことです。

いつ何時でも孤独だと知れば、群れを求めることも、逆に孤独を渇望することもなくなるでしょう。

孤独には「分離」がある

孤独だと思うためには、「分離」しているという認識が必要になります。自分と誰かは切り離され、独立して存在しているのだ、という認定です。

そう考えると、いつまで経っても、何をどうしようとも孤独であること以外に可能性はありません。

しかしながら、対象に客観性をもたせることもできますが、そんな客観世界の存在性は、主観の中に入ってこないと存在し得ないというか、世界の中に無いのと同じになります。

そう考えると、あなたがいなければ相手はいないのです。

あなたが選ばなければ、存在していようが存在していないのと同じことになります。ということは、何かしら「選ばれて」いまの心に描写されているはずです。

そうなると、心が受け取るものはすべて他人でも外界でもありません。

そこには分離が無いのです。

そして、分離がなければ、孤独もないのです。

誰が一体いつか孤独になろうか! 曙光 249


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ