規則

「規則は私にとっていつも例外よりも興味がある」― こう感じる人は、認識が広く進んでいる人であって、大家に属する。 曙光 442

規則というものは何のためにあるのでしょうか。世の中には意味のわかる規則と、意味のわからない規則、そして、ギムキョな発想の規則と、タダのわがままの部類に入る規則があります。

「規則を守れ」と声高々に言うことはいいですが、その規則がどういう趣旨のものかもきちんと説明できないと、僕のような中学生などに相談室で数時間拘束されることになります。

規則的には合理性があっても、ギムキョなままだと社会では相手にされません。ギムキョなフィールドで通用するようなことでも客商売では通用しません。

息子の入学式と自分の仕事

以前、息子の入学式に出るからと、自らの職場の入学式に有給をはめた人がいました。

「その日に有給休暇を取得すること」が許されるか許されないか、という問題になった時に、規則に従えば許されるという事にもなりそうですが、会社でも繁忙期の有給取得拒否は合理性があれば代替日を用意して、という流れになっています。

答えは、「そんな奴に大切な役職を与えるな」ということです。

規則に従えば、それは当然に結構なことですが、融通のきかない人は管理職になれないように、なぜ重要な仕事を任せられないのか、ということを考えればすぐに分かります。

「今年は大事な行事の日にたくさん有給をはめるので、担任は辞退します」それくらいの責任感が必要です。その責任感がない人は非常勤講師をするなど、世間で言う「演劇が忙しいから契約社員なんだ」ということをしなければなりません。責任感がないのに重要な役職にだけはぶら下がろうとしているスケベな心が変ですね。

問題はその人というよりも運営側です。会社であれば役職を降りていただくというのが当然です。厳しい会社であれば、数週間の病休でも、その年度などは役職を外したりします。しかしそれは、合理的なことです。

重要な仕事をフルで活動してくれる人が、管理職などになれるのであって、特にその病休の人の人格を否定しているわけではありません。

どこの会社にでも、会社の繁忙期に有給をはめようとする人はいるでしょう。それが仮に合理的なことであり、仕方のないようなことであっても、利潤の追求が最大の目的の株式会社にあっては、よいことではありません。そんな人の有給取得を認めることはあっても、その人を出世させることはありません。

しかし、そのような人を重要な役職につけているのはなぜでしょうか。その人に関わる様々な人の気持ちも考えずに「母親として」と言うのなら、非常勤講師にでもなってもらえばいいのではないでしょうか。年功制度などという体育会系を採用しているから起こる問題です。

「仕事を休んで息子の入学式に行きたければ、その年度は講師になりなさい。その年に限っては担任をしてはいけない」

「降格する」それくらいの決断ができないようだと、組織のトップに立ってはいけません。

別に有給をはめても結構ですが、なんせ人に物を教える仕事ですからね。いつまでも居直るがいいでしょう。僕には関係ないことです。

規則 曙光 442


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ