続々・アイデア料とビジネスプラン

「いい意見があったらください」

「何か改良できる点があったら言ってね」

というのは簡単ですが、言いやすい環境づくりが手抜きの場合が多いように思います。

全体像が見えない、もしくは具体的なことがわからないのに意見など求めると、質問された方は困ります。

そして、ある意味で厚かましい話です。

改良して実際に利益が上がったりしたのに、儲かるのは質問者だけです。

そういう不透明感が、意見を出す気にもならない要因の一つです。

実際にお金をあげなくてもいいですが、お礼くらいは最高のものを言う必要があるでしょう。

シャイな社長なら、あえて感情的に、楽しい社長ならあえてシリアスに。

それくらいのお返しを思いつけないようでは、お金で還元するくらいの覚悟が必要な気がします。

トレードではないので、実質的に意識する必要はありませんが、タダで意見を頂戴することは原則的に「厚かましいことなのだ」、と自分だけは思っておきましょう。人に押し付ける性質のものではありませんので、「意見を出したから金をよこせ!」などとは思わないようにしてください。助成金の不正受給を通報されるかもしれません(僕が通報したわけではありませんが)。

質問というのは「厚かましいこと」なのに、相手は意見をくれる。

それは相当ありがたいことです。

それくらいに思っておいたほうが、毎日が気楽に過ごせるようになるかもしれませんね。

言いやすい環境づくり

「飲み会」でもいいですが、会議をしていないような会社で毎週30分の定期会議を行うとか、匿名でもいいので「ご意見シート」を作るとか、社内ブログとか、発言しやすい体制がまずひとつ。

時給800円が10人いるとすれば、会議中だけでも会社は人だけで4000円使うことになります。

そこまでして、意見欲しい?

それくらいの覚悟ある?

本当に意見が欲しいなら、ちゃんとお金払いましょう。ということです。

会社としてはね。

もう一つは、しっかり問題を定義することと言いやすい人になること。

しっかり問題が定義できていれば、発想も浮かびやすい。

そして、意見をもらってそれを判断ばっかりしていれば、もう誰も言いたくなくなるという点があります。

ブレインストーミングと呼ばれる手法をご存知の方も多いかと思いますが、あれの大原則は「否定しないこと」です。

判断はあとです。

最後には責任者が責任をもって判断決断をすればいいだけで、意見をもらうときに、「そういうのはなぁ」とか「無理だろう」とかばっかり言ってると、相手は辟易して「言うだけ徒労に終わる」としか思えません。

逆に肯定しすぎると、調子に乗ってきます。

終いには「なぜもっと出世させないんだ?」とでも思ってきます。

本来的には話半分で聞くのがいいですが、それだと相手は「なんだか虚しい」となります。

99%採用されないということを先に伝えましょう。

採用されなくて当然、採用されりゃプレシャスプレイ。

そんなプレイはいかがでしょうか。

続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ