第778回投稿記念

常連さんいつもご高覧ありがとうございます。

777回の時に気づかず、「投稿記念」を飛ばしてしまいましたが、第778回投稿記念です。

転居・師走の影響が大きく、最近滞り気味の更新ですが、元気です。

忙しくなると、やはり意識にノイズがやってきますが、それよりも体の方に響くようになってきました。

「bossuよりひとこと」で少し触れていますが、魚の目がなかなか治りません。

毎日革靴で歩き回っていた頃にできたものですが、まあ勲章代わりにほったらかしておいたおかげで、現在6回も削りながら、まだもう少し芯が残っている状態です。

今年も残すところあと僅かですが、今年一番の変化は、社会的に出世のようなものをしてしまったことかもしれません。

普通は、出世するとプレッシャーのようなものがかかるはずですが、さらにゆるゆるになってきました。

以前、「女ぎらい」で、触れましたが、やはりもっと嫌いになってきたという傾向があります。

経営者同士の付き合いの中で、「ミス・ユニバースを応援してくれ」とか、宴会にはこの世で一番キライな「水商売」のコンパニオンがやってきたりなど、さらに「嫌い」を加速させていきます。

「女」を主張されたり、「美しい」を主張されると、ものの見事に嗚咽感がします。

スッタニパータなどで、たまに出てくる「糞小便にまみれた」とか「皮膚でつなぎあわせた糞袋」というフレーズがすぐに意識にやってきます。

先日は堂々と産業団体の役員会議で、そんな旨を伝えると「男好きですか?」と言われましたが、それはもっと嫌いです。

それよりももっと、嫌かもしれないのが、「ヒゲ、メガネ、タイヤの細いチャリ」です。それに加えて、MacBookとカフェで「オレおしゃれ」ならば、もっと嫌いでしょう。

体育会系も嫌ですが、その手はもっと嫌です。

やはり、元々怒りが強いからか、年末で忙しくなると、そういった「嫌いなもの」がクッキリと輪郭を帯びてきます。

そういえば、この二ヶ月は特に「遊び」のような外出をしていないことに今気づきました。

「遊び」自体したいとも思いません。

忙しめというのも理由の一つですが、普通に生命維持していたり、いわゆる生活に集中していれば、そんなことをする必要は全く感じず、また、特に時間も持て余すことはありません。

変にお金をかけて、外注に回して結局「暇」と思うくらいなら、外注に回さなくても良いような気がします。

先に少し触れましたが、更に社会の中で、少し出世したことも影響しているのかもしれませんが、より高い地点から相手の事業の本質や、スキル、そして意識の引っ掛かりを見ることができるようになりました。

本当に社会にはたくさんの罠があります。

それは、悪魔が自ら悪魔だと悟られないように振る舞うのと同じように、わかりやすい「罠」よりももっと巧妙に仕組まれています。

アイツの引力から脱すると、どんどんそれが見えてきますが、それはハードルが高いのかもしれません。

それでもまずは「消費者目線」から「供給者目線」に視点を変えてみると、おぼろげながら見えてくるものです。

そして、供給者を超えて、投資家目線で見てみると、もっとその罠を見ぬくことができるようになるでしょう。

そしてさらにその先を見るべきです。

なぜなら、そこで終わると、仕事がうまくいこうが、お金がたくさんあろうが、結局煩いは無くならないからです。

「消費者目線」は、ありがたい「ご意見」かのように取り扱われていますが、それも一つの罠です。

消費者に近いからこそ、消費者の気持ちがわかるので、ビジネスがうまくいく、というのも罠です。

それもプラスに要素になることはありますが、土台が「消費者」だと、基礎のない建築のようにいずれ崩れ去ります。

そして二重の罠が、「少しうまく行ってしまう」というところです。

まあ、こういうことは、またまとめて後日書きましょう。

散文形式でお送りしております第778回投稿記念です。

こういう形のほうがスラスラ書けるかなと思い散文形式にしています。

年明けは、少し長めに休むことにしています。

といっても、普段も休もうと思えば休み放題です。

しかしながら、休みの日でも取引先の社長などからは、連絡が来たりするため、あまりオンオフの区別はありません。

体にダメージが来ると、そのまま意識のダメージになりますから、休むときは休んだ方がいいでしょう。

呼吸の比率、すなわち、吐く時と吸う時の息の長さのバランスを変えることによって、体や頭のオンオフは結構すぐに切り替えることができます。

吐く方が長いとオフ、吸う方が長いとオンです。

頭がふらふらの時は、リラックスしようとして、休もうとしますが、逆に息を長く吸って、短く一気に吐くと、頭が冴えてきます。

仕事中ならば、そんな感じで、休んでもいいタイミングなら逆に呼吸の比率を反対にすれば体は回復モードになります。

回復モード=意識を働かせない・頭を使わない、ということなので、仕事中にリラックスしようと思っても反対に頭がさらにフラフラになりつつ、目の前には仕事、という状態になるだけです。

本当にまとまりの無い文になってきました。

それはそれでいいでしょう。

12月です。どの季節もそれぞれに特色があり、特に好きな季節というものはありませんが、強いてい言うならば、12月が一番好きな月、冬が一番好きな季節です。

しかしながら以前書きましたが、クリスマスは嫌いです。

「おめでとう」の意味すら厳密にはわからないのに、「メリークリスマス」と乾杯する意味はもっとわかりません。

 

さて、そろそろ投稿記念の回が終わりに近づいてきました。

いつもの投稿記念のような形は、第800回に委ねましょう。

更新頻度はもう少しの間少ないと思いますが、引き続きご高覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ