磯をかぐ

僕はイカが食べれません。

ついでに言うと磯臭いものは全てダメです。

カニ味噌などは絶望的です。

あとエビの殻も無理です。

越前町

越前海岸

群馬県も大好きですが、福井県も大好きです。

特に越前海岸ですね。

思いっきり磯のにおいをかぐと、本能が反応するような気がします。

十代の時にバイクで越前町まで行ったことがあります。

それも12月です。しかも夜です。

僕は250ccでしたが、もうひとりの友達は50ccというツワモノです。

途中で小雨が降ってきて、日本海の突風と相まってまさに嵐の中「しおかぜライン」を走りました。

ダウンジャケット2枚装備という高防御力で挑んだにも関わらず、まさに骨まで冷え切りました。

下3枚、上10枚、手袋3重、もちろんマフラー付き。。。

完全防備で行ったつもりだったのですが。。。

もちろんお金がないので野宿です。

まずはとりあえず風をしのぐために、僕たちは「クリアの壁付きバス停」で暖をとりました。

持参していたウォークマンの音量を最大にして、「部屋」の中に響き渡らせました。

カバンの中に入れて持参していた「みかん」をほうばりながら、ひとまず寝袋に入ってぼーっとしていました。

この越前町は、遠い昔に何回か来たことがありました。

何を隠そうひいおばあちゃんはここで生まれたらしく、遠縁の親戚が今でも住んでいます。

小学校低学年の時です。

民放は2つくらいしか映らない中、砂嵐混じりでドラえもんを観た記憶があります。

そこで5つくらい上のお姉さんと、僕と同い年くらいの妹の、姉妹と一緒に遊んだ記憶があります。

少し高いところにある神社へと続く坂道があって、そこまで一緒に駆け足で行ったことを朧げながら記憶しています。

「部屋(バス停)」で暖をとりながらそんなことを思い出した僕は、小学生の時のかすかな記憶だけを頼りに、友達を連れ出してその神社を探しました。

覚えていた風景とは異なりましたが、やはり高台に神社はありました。

そこで朝日を待つことになります。

やはり体は冷えたままです。

でも、すごく心地よかったのを覚えています。

翌朝、町民健康センター、みたいなところにいって、風呂につかりました。

冷えたあとに風呂につかるとビリビリしますが、全身ビリビリで、表面だけでなく身体の内部までビリビリきます。

恐ろしいくらいビリビリきました。

鏡を見てびっくり、全身が真っ赤っかです。

湯冷めしたのか、その後知らぬ間に寝込んでしまいました。

そして、帰りは晴れ渡る空の中、ゆーっくり「しおかぜライン」を気持ちよく走って帰りました。

やはり、今年も磯のにおいをかぎに行かねばなりません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ