男イチコロメニュー

ふと、ガラス張りのお料理教室を覗き込んだことがあります。

そこにはおよそ「…」な人たちが、なんとかオスを騙そうと、必死で料理の勉強をしていました。

昔から思うのですが、「料理を作ることができない」という人は本当に本気で言っているのか、と疑問です。

毎日何かは食べているのに、それがどういう風に作られているのかということを本当に想像もできないのか、と思ってしまいます。

確かにすごく手間のかかるものなら想像もつきにくいと思いますが、本当の本当に1から10までわからないのか、と思ってしまいます。

実を言うと調理師免許を持っています。十代の時にバイトついでに取りました。調理自体は小学校低学年の時からしています。趣味というわけではないのですが、「外食するくらいなら自分で作ったほうがうまい」ということで、自分で作ります。

慣れ親しんだ味

男の好きなメニューは、本にあるとおり、慣れ親しんだ味です。

ジャンクフードばかりの人なら、体には良くないですが、塩と油が多ければ、大抵のものは好き好んで食べてくれるでしょう。

すごく単純なものでもいいので、慣れ親しんだ味を男の家庭から盗むに限ります。

実際に習ってもいいですが、醤油はキッコーマンなのかヒガシマルなのか、肉ならどの部位をもっともよく食べているか、などを冷蔵庫、台所から読み取りましょう。

調理自体も基礎ができていれば、あとは応用で大抵のものは想像でもある程度上手く作れます。

高い「鍋・フライパンセット」など買わなくても、北京鍋だけでかなりのものが作れます。

同じように、「味付けの基礎」さえパクれば、あとは個別の調理法など、ほとんど学ばなくてよくなります。

たまに家庭によって、かつお、昆布だけでなく、いりこやさばのだしを組み合わせるところがあると思います。

そんな家庭で育った人に、ほんだしのかつおのみで挑んでも「なんか違う」と言われてしまいます。

食べる方としても、すごく凝った、プレシャス・プレイより、日々のルーティン・プレイの方が重要なのですから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ