生きるって悲しい

人は他人と比較し、自分の置かれた状況に一喜一憂する生き物です。そんなことばっかりして一生を終える生き物といってもいいでしょう。「生きるって悲しいよね」とは、そのことです。本来は善悪の判断だけを教えておけば事足りる学校で、勝ち負けまで教わってしまった悲劇なのです。

「運動会で手をつないでゴールイン」が叩かれた時がありました。

確かにトンチンカンといえばトンチンカンですが、別に「運動」をする会なのでいいといえばいいということになってしまいます。

「別にやりたいようにしてください」これが僕の意見です。

問題なのは「競争」ということをしないと人は成長しないと思い込んでいることです。

スポーツでも勉強でも、競争させて優劣を決める、まではいいですが、それで本当に人生を左右させてしまうことが問題なのではないでしょうか。

所詮、スポーツは遊びです。テストはクイズと変わりありません。

そこで楽しさを見出したり、健康になったり、頭が良くなったりするのはいいですが、それを根拠に、人を分類してしまうことに問題があります。

結局、働き出す時の「出身大学による足切り」とかも、時間とコストと人事部の要員の問題で、「猫も杓子も観てられないよ」ということであって、それが絶対的な基準ではないですからね。

それを本当に基準にしている場合は、優越感とか仲間意識とかであって、恐怖心にとらわれて、自分の眼力のなさを暴露しているようなものです。「オレ、勝ち組」と、いいように見えますが、悲劇中の悲劇です。

知り合いに農業を営んでいる人がいます。

植物の観察が好きで、研究するのが大好きだそうです。

今でも一冊数万円するような本を取り寄せて勉強されているそうです。

テストでいい点が欲しくて勉強されているわけではありません。

本心は知りませんが、「隣の農家に勝ちたくて」という気持ちで研究されているわけではないでしょう。

別にもう、勝ち負けとかいいじゃないですか、なるべくそんな世界からは足を洗うことです。興奮や、たまの喜びはあるかもしれませんが、繰り返しているように、そんなものは穴を掘って埋めているだけの行為です。

ただただやりたいことを、ひとりででもみんなとでも、楽しくやればいいのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ