理性

どのようにして理性は世界に入り込むようになったのか?当然のことながら、非理性的な仕方で、偶然によって、である。人はこの偶然を謎同様に解かなければならないであろう。 曙光 123

苦悩の元凶は理性ですが、一般的には理性ほど素晴らしいものはないとされています。

理性があると、身の安全を確保できると思っています。

「理」に関するものですから、「物を手から離すと下に落ちていく」と知っていることもある種の理性です。そういった様々な「理」に沿った考えをしようということですね。

マナーとされるものは、一見本能的には合理的ではないものの、その「共通の我慢」をすれば、トラブルなく身の安全を確保することができる、とみんなが思っているものです。

それには、確かにある一定の均衡点を保つためのものだったり、一定の効果があるかのように見えるものがたくさんあります。

ただ、それらは極めて社会的であり、複数人の人間がいなければ成立しないものです。

「他の人間がいる」という前提のもと、頭で考えられているものです。

そして、「他の人間に配慮すること」である以上、相手の意識の中で生きています。

そのタイプの理性には、社会的合理性の裏側に「本能的な我慢」が潜んでいます。

本当は社会自体が虚像なのですが、例えば、「おしっこがしたい」と思った時に、この世に自分しかいないと思えば、ひとまず自分にはかからない程度で、自分の寝床などを避けつつ、あまり場所を気にせずどこででもするはずです。

でも普通はトイレを探すはずです。それが理性です。

で、理性が働いているときは、本能に我慢があり、そして、「おしっこをする」という身体的行動が保留されているはずです。

こういう本能的なストレスは、意識の上でイライラのエネルギーとしてたまっていきます。

「ストレス自体がたまる」ということではないのですが、「またこういった状況になると『あの我慢』がやってくる」という条件付けみたいなものが意識の中で複合体になっていきます。

これは意識にとって毒です。

理性を外してみよう

理性を解放する、という話になった場合、思春期をこじらせた学生が、裸で公園を走り回る、みたいなことを想像する人が多いと思いますが、別にそんなことをしなくても構いません。

眠たいのに、社会的な成約で眠れないとか、お金があまりないせいで、食べたかったものより少し安いものを食べたとか、そういった事柄を少しずつ解放してみてください。

理性 曙光 123


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ