犠牲の価値

国家と君主から個人を犠牲にする権利(司法や従軍などの場合のように)を剥奪すればするだけ、一層自己犠牲の価値が高まるだろう。 曙光 374

まあこれはパラドクスのようなもので、自由を欲しながら、自由にストレスを感じるということがよくあるという感じでしょう。

忙しいと休暇が欲しくなるというのが普通だと思いますが、お金が無限にあったとしても、永久に休暇ばかりだと、気が狂れてしまうという感じに近いです。

自由になりたいと思いながら、どこか奴隷気質で、どこか「世話をされたい」をいうフシを持っています。

奴隷気質

実は世の中の大半の人、とりわけ勤め人の方々は、奴隷気質を持っています。

仕事であっても、「何かを創造しなさい」と言われるよりも、決まりきった仕事を淡々とこなすほうがストレスが少ないからです。

といってもそれはそれで、嫌になってくるので「海外旅行」などに行こうということがよく繰り広げられています。

勤め人と起業家の比率

それで思い出しましたが、よく起業家の人とかが、「起業した方がいい」みたいなことを言いますが、大半の人はそれを理解することができません。

もちろん理屈は理解できるのですが、実行する人はあまりにも少ないです。

それが実際の経済社会の中での、勤め人と起業家の比率です。

といっても、配偶者の稼ぎありきので「女性起業家」みたいなのは論外ですから、対象外としてください(もちろんそうした依存体質がない人は対象です)。

「起業した方がいい。なんで理解できないのだろう」みたいなことを言う人もいますが、理解できない人たちの思考をその人が理解できないだけです。

「世話をされたい」という気質

大半の勤め人の人は「世話をしたい」のではなく、「世話をされたい」という気質を持っています。

「いじめられたい」

とすら思っている人も多いくらいですから、そんな簡単に頭でだけ伝えられるものではありません。

だからこそブラック企業なんかも生き残っているのでしょう。

言われたことしかできない、という場合は、言われたことを淡々とこなす才能があります。

逆に言われたことを「いやーそれ効率悪いよ」とか「なんか変だなぁ」と言った感じで、やりたくないと思う人はそうした才能がありません。そうした人は起業の方が向いているでしょう。

犠牲の価値 曙光 374


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ