特別企画 その6

さて、最近はよくcontactからご連絡をいただくようになりました(返信が短文かつ遅くなり恐縮です)。

ご質問も多数たまってきましたので、そろそろちょくちょく回答に入ろうと思います。

「特別企画 その6」と題しまして、質疑応答コーナーを設けます。

ご質問自体は、各投稿のコメント欄でも結構なのですが、どちらかと言うといろいろなことをまとめてcontactなどからご連絡をいただくことが多くなりました。

一応期間限定みたいな形で、締め切りとして一旦今までいただいた分のみで締め切ります。

と言っては何なので、2015/9/16 23:59までは受付させていただきます。

contactよりご連絡ください。

真摯な方の真摯な姿勢には真摯に応えようと思いますが、たまにふざけてしまうかもしれません。

次はいつやるかわかりませんが、一応今までいただいた分に関しては、おそらくすべての項目について書いていきます。が、質問事項が不明瞭なものについては回答いたしません。また、論拠の不明瞭なものを含めてクレームは受け付けません。

タイトル、内容は少し異なった表現になるかもしれないことを予めご了承ください。

あまりユーザー参加型というものは好みではないのですが、もしかしたら同じような「???」を持っている人がいるかもしれないということで、公開情報として投稿をしようと思った次第です。

常日頃から「ユーザー参加型だ」というと、人の意見を欲しがっている人とか群れたがりのようになってしまいますが、人の意見は欲しくありませんし、群れたいとも思いません。そういうわけで、常に「ユーザーさんと触れ合う」ということ目指しているわけではありません。

ただ、自分がそうであったように、今となってはろくでもない情報が大半のインターネット上ででも、いや、無限増殖、やりたい放題のインターネット空間だからこそ社会の中では「変人だと思われたくない」と言葉を控えるような「良い思索の種」が落ちていたり、その当時の自分の思考の限界まで切磋琢磨できる人に出会えたという経験があります。

まあそんな感じの特別企画です。

コメント欄炎上大歓迎ですが、気分的・感情的なクレームは一切反映させず、またスパム同様IPブロックで純度を高めると思います。つまりノイズは排除します。

と言えば誰も書き込んでこないでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ