爆音の灯油販売車を撃退する

冬ということで、皆さんの地域ではどうなのかわかりませんが、まあたいていの地域では灯油の携行販売車が、大きな音楽と宣伝文句を流しながら街を爆音の嵐で包んでいるかと思います。

この爆音の灯油販売車は撃退することができます。少なくとも京都府内ならばできます。

なぜなら条例違反だからです。

ではまず根拠となる案内を。

商業宣伝を目的とした拡声機の使用の規制

商業宣伝を目的とした拡声機の使用の規制について

京都府環境を守り育てる条例(以下、「条例」という。)では、商業宣伝を目的とした拡声機の使用について、特に静穏の保持を必要とする区域での使用禁止や、それ以外の区域での使用方法等について定めています。

1.拡声機の使用禁止(条例第56条第1項)

何人も、病院、学校等の周辺その他の特に静穏の保持を必要とする区域として下記に掲げる区域の施設の敷地の周囲50メートルの区域においては、商業宣伝を目的として拡声機を使用することは条例で禁じられています。

(ただし、祭礼その他地域慣習となっている行事に伴い使用する場合を除く。)

商業宣伝を目的とした拡声機の使用の規制について(京都府)

簡単に言えば、あの爆音の音楽と音声案内は条例違反ということになります。学校の近くだけでなく以下の規定により、だいたいの住宅街ではこの条例が当てはまります。

拡声機の使用時間等

音量の制限は次のとおりです。

3.拡声機の使用時間等の遵守規定(条例第56条第3項)

上記以外で、拡声機を使用する場合は以下の規定を遵守しなければなりません。

午後8時から翌日の午前8時までの間においては、拡声機を使用しないこと(飲食物の販売を目的とする移動式の店舗により移動して一時的に拡声機を使用する場合であって、周辺の人の健康又は生活環境に係る被害を生じるおそれがないときを除く。)。
幅員4メートル未満の道路においては、拡声機を使用しないこと。
地上10メートル以上の位置で拡声機を使用しないこと。
同一場所において拡声機を使用する場合は、毎時15分以上の休止時間をおくこと。
50メートル以内の距離で同一の営業者が2以上の拡声機により内容を異にする放送を同時に行わないこと。
拡声機から発する音量は、下表に掲げる音量以下とすること。
第1種区域

午前8時から午後6時まで 55デシベル
午後6時から午後8時まで 50デシベル

まあ簡単に言うと、普通の住宅街ならば55デシベル以上で音声を流すなということです。

で、この55デシベルという数字ですが、人が外で立ち話している程度の音量です。

あんな灯油の販売車の音ならば必ずアウトです。

うるさい灯油の販売車を撃退しよう

人の迷惑を一切考えない爆音垂れ流しの灯油の販売車を撃退しましょう。

で、撃退するとなると、直接その会社にクレームとかそういうことを考えそうですが、そんなことをしてもあまり意味はありません。

平気で人に迷惑をかけるような会社ですから、そんなクレームくらい想定内です。なんやかんやで逃げていくでしょう。

そこで撃退法ですが、その車がいつもやって来る時間帯を控えておいてください。そしてできることなら、その車のナンバーと業者名を控えておいてください。

  1. 灯油の携行販売車が来る曜日、時間帯などを控える
  2. 灯油の販売車のナンバーと、できれば業者名を控える

準備ができましたら、行政に通報です。京都ならひとまず京都府に連絡すれば、管轄の部署の連絡先を教えてくれます。

少したらい回しにされるかもしれませんが、そこは我慢してください。

担当部署に、上記条例を根拠に通報すると伝えてください。

「悩み相談」みたいな形ではなく、京都であれば

「京都府環境を守り育てる条例56条に基づく違反行為の通報です。対応してください」と伝えましょう。

何でもそうですが、「相談」と言うかたちにすると、相談で終わってしまいます。

「条例違反の業者がいるので処分してください」と伝えてください。

おそらく、「走行しながらなら、55デシベルかどうかが何とも言えない」とか言ってきますから、「灯油購入者が近くにいるため、その灯油販売の対応中は停車しながら、音声を流し続けている」と伝えればいいでしょう。

大抵の場合は、業者がわかれば、電話や訪問で行政指導を行ってくれます。

わからない場合は、車のナンバーを伝えてください。

「ナンバーだけでは、警察でないと分からない」とか言ってきますから、警察に連絡してもいいでしょう。

「車のナンバーを伝えたのですが、警察でないとわからないと言って行政が対応してくれません」といえば、警察の方も「行政の方から、条例に基づく違反業者の照会だという旨で連絡をしてくるように言ってみてください」という返答をくれます。

そうした警察の返答を、行政に伝えましょう。

そうすると、行政と警察で業者を調べてくれます。場合によっては、張り込みをしてくれます。

で、張り込みとか現地調査とかで、現行犯か、証拠を押さえて行政指導です。

この行政指導が入ると、少なくとも、家の近くでは音を消すようになります。

もしまた爆音で灯油の販売の音楽を流すようなら、また行政に通報です。

行政も、何度も対応するのが嫌なはずなので、おそらく二回目は厳しく指導すると思います。

そんな感じで、人の迷惑を一切考えない爆音垂れ流しの灯油の販売車を撃退しましょう。

通報先、参考ページ

京都府環境を守り育てる条例 商業宣伝を目的とした拡声機の使用の規制について(京都府)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ