朮(オケラ) 白朮(ビャクジュツ)

朮(オケラ)は、キク科オケラ属の多年草。古名はウケラ。オケラの地下茎を漢方で白朮(ビャクジュツ)といい、朮とその近縁種は漢方の配合薬として重要視され、健胃、利尿薬に応用されており、若芽は山菜として食用されています。元旦の屠蘇(とそ)酒(「おとそ」ですね)に入れる屠蘇散にもこれが加えられています。

オケラは、草丈50〜100cm、花期は9~10月。葉は茎の下部では奇数羽状複葉、花序の下側につく苞葉も羽状で、花は白から薄紅色。雌雄異株で、筒状花だけの房状の頭状花序となります。

朮(オケラ)は薬用秋の七草のひとつです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ