朝顔(あさがお)

朝顔(あさがお) は、ヒルガオ科サツマイモ属の一年性植物。

アサガオはつる性で高温を好む植物で短日性。葉は広三尖形で細毛をもち、花は大きく開いた円錐形で、5枚の漏斗状の花弁は融合しており、萼が5つ、雄蕊が5つ、雌蕊が1つ。真夏に開花します。小学校の時によく育てたりしますね。

昼まで咲いているのはヒルガオですね。

朝貌の花

秋の七草としてのアサガオは、万葉集における山上憶良の旋頭歌による「萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志また藤袴 朝貌の花」より朝顔とされますが、桔梗(ききょう)とする説が有力のようで桔梗のようです。他にも木槿(ムクゲ)とする説があるようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ