悪い食事に反対

悪い食事に反対ということで、腹の健康などについて書いていこうと思います。

個人的には白米が大好きなのですが、どうしても白米の代替物として小麦製品を食べる機会が続くと腹の中にグリップがかかり、腹の具合がおかしくなります。

といいながら、素晴らしいことにこの数年間はほとんど腹痛にみまわれたことがありません。

人生で一番辛い瞬間は、腹痛の時だと今でも思っています。

そのおかげとあってか、若いときから辛いような瞬間が訪れても腹痛との相対的な比較の上で、「大したことはない」と思っています。

ということで、腹痛関連について触れていきます。

歯の健康より腹の健康

キシリトールを含むガムが登場した時、「ふざけるな」と思いました。

「大量の摂取でお腹がゆるくなることがあります」

ふざけるな、ということです。

何より大切なのは腹です。歯の健康より腹の健康です。

キシリトールを含んだガムや飴、なぜそんなものを作るのでしょうか?

無駄に少しでも腹に響くようなものは僕の本能が拒絶しています。

そういうわけで、コンビニのクジなどでキシリトール飴などが当たった際には迷わず誰かにあげています。

清涼感などいらない

あとそれに関連しているのかどうか知りませんが、なぜ歯磨き粉は概ねスーッとする清涼感のあるタイプばかりなのでしょうか?

実を言うと僕は日常「子供用」のスーッとしないタイプのものを使っています。

あの清涼感だけで下痢を想起してしまうからです。

個人的には清涼感は嫌いです。目薬もスーッとしない物を使っています。

思春期のころは、フリスクを常備しているのがモテるのかと思い、買ってみたりもしましたが、今では全力拒否です。

試しに下痢の時にフリスクを食べてみてください。

食べる気がしますか?

「涼しい」と腹痛が関連付けられているからかもしれませんが、個人的にはあの清涼感だらけの感じは本当にやめていただきたく思っています。

ということで逆に腹痛の時にありがたいもの、それが腹にとってプラスに働くものです。

その代表例は白湯(さゆ)でしょう。

白湯の底力

腹痛対策の基本は体を冷やさないことですが、体を冷やさない=防寒による保温やカイロによる加温というイメージがあり、また一気に温めるなら風呂に入るということが一般的には思い浮かべられるはずです。

そして、胡散臭いアフィリエイターならサプリメントなどを売りつけるところでしょうが、そんなものに手を出す前に、安価に対策できるものとして白湯をおすすめしておきます。

白湯と言っても単純にお湯です。白湯スープではありません。ただの水を加熱したお湯です。

特にこれからの時期は何だかんだで体が冷えます。

で、体が冷えて腹が冷えると気持ちも沈んできます。

その状態が続くと腹痛になりやすいということは、腹の弱い人はもう既に経験済みだと思いますが、そのような状態のときは、「まだ大丈夫だ」と余裕をかまさず、可能な限り白湯で腹を温めてみましょう。

60℃位からお風呂の温度くらいまでの「体温よりは高く体があたたまる程度」の白湯を思いっきり飲んでみましょう。

といっても食後すぐなどは避けつつです。

個人的には、肝臓腎臓が弱りつつ、あまりに体がしんどかったり、腹痛の前兆が感じられるときは迷わずにこの方法を取っています。少なくて500ml、多くて1.5L飲みます。

汗もおしっこもいっぱい出ますので、イオンバランスが気になる人は自然塩を一舐めしておくとよいでしょう。

お茶でもよいのか、ということになりそうですが、お茶の種類によるものの、普通の茶葉はカフェインを含んでいたりして腹を刺激します。

ということで無属性なお湯が無難です。

腹痛だけでなく、疲れにもよく効きます。

人によっては、体とは無関係そうな「不安感」がマシになったりするかもしれません。

変に薬っぽいようなもの、サプリメント的なものに頼ろうとするよりも、まずは普通の水そして白湯の底力を試してみましょう。

安上がりな上に、相当のパワーを発揮してくれるはずです。

悪い食事に反対 曙光 203


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ