急速に軽蔑される手段

早口に沢山のことを口にする人間は、ほんの短期間交際しただけで、たとえ彼がもっともなことを口にするとしても、われわれの尊敬を異常なほど大きく低下させる。 曙光 225 前半

早く多くしゃべることは、マイナスだとよく言いますが、早く多くしゃべることには、その奥に様々なタイプの動機があります。マイナスになるのは印象ですが、間を埋めて、相手が理解する前に、何か別の話題に切り替えようというものから、要約力がないというものから、必死の暑苦しさまで、様々です。

しかしながら「早口で話されるのは嫌だ」という場合、聞く側の頭の回転が遅いだけという場合もあります。ただ、それを読み取って調整できることが聡明だ、という事にもなりそうですが、こう言った格言を根拠に自分の頭の悪さを棚に上げて、相手のペースというものを非難するというのもまた、急速に軽蔑される要因でもあります。

早くしゃべることがマイナスだからといって、それを非難しているのは、相手の言うことをすぐに理解できない頭の回転の遅い人です。頭の回転の遅い人が経験したイライラを「就職面接の時の心得」として、「ゆっくり話そう」と変換しながらぶつけています。相手の理解ペースを読み取ることもいいかもしれませんが、自分のもっているテンポというものを「ダメなものだ」と思うのは間違っています。

渇愛的に話したがる

しかし、いつもいつも早く沢山のことを「話したがる」のは、何か愛情的なものを求めているような気持ち悪さがあります。愛に対する渇望感という醜さです。

そこで得た「気持ち悪さ」はたしかに気持ち悪いものです。沢山のことを話したがる動機について聞いてみると、兄弟がいないというようなことをいう人がいます。しかし、兄弟がいないことはこちらと関係ありません。こちらの辟易も無視して自分の「寂しさ」をぶつけられても困ります。それが、一見正しそうな話ばかりの時も、たとえば有名企業のオーナーなどであって、会社経営に関する有用な話だったとしても、渇望感からくるたくさんの連れ回しは拒絶せねばなりません。犀の角のようにただ独り歩むべきです。

「教えてやるよ」と言って、こちらが聞いてもいないのに、沢山のことを語ろうとする人がいます。そして教えたのだから、こちらが先輩で、おまえが後輩という上下を作ろうとする人もいます。残念ですが、別会社なのにそんなものは発生しようがありません。そんな「かまってくれ」という人には「祇園にでもいってこい」と言わねばなりません。

急速に軽蔑される手段 曙光 225


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ