ガトーフェスタハラダ

心にググっと群馬県 2017 ガトーフェスタハラダ

ビーナスラインを越え、いつものごとく和田峠を走ったのですが、前に走るトラックが凄まじく速く、やっぱりこの辺の人はすごいなぁと感心しました。

ということで、軽井沢を経由して碓氷峠へ。

と思ったらフラフラだったからか碓氷パイパスの方に行ってしまい、一往復しました。

碓氷峠スタート(軽井沢側)

この日は体にもガタが来ており、碓氷の連続コーナーで吐きそうになり、碓氷を抜けた後は妙義に行こうと思いつつも断念し、おとなしく国道18号で高崎市の方まで行きました。

そして翌朝、ガトーフェスタハラダの工場見学に行きました。

ガトーフェスタハラダの工場見学

ガトーフェスタハラダの工場見学

GoogleMapの表示を見ながら行くと、「ほんとうに大丈夫だろうか?」と思うほど細い道を進むことになりました。

どうやらガトーフェスタハラダの工場の裏側の道だったようです(国道17号からすんなり入れます。帰りは国道17号から出ました)。

京都でラスクと言えば今はなき上田製菓のコンパラスクですが、全国的にはガトーフェスタハラダのグーテ・デ・ロワということになっています。

自分で買ったことはないのですが、いろいろな人からもらうのと、某会合のセミナーで「ガトーフェスタハラダだけは伸びている」と数年前に聞いたことがある、という感じでガトーフェスタハラダに行ってみました。

工場内部は撮影禁止のため、外観だけになりますが、焼きたてラクスをもらったり、無料のドリンクが充実していたりと、豪勢でした。

音声案内を貸してもらえるのですが、「目の前にあるのは材料の小麦です」というアナウンスの中、よくよく目の前にある袋を見てみると、砂糖だったか塩だったか忘れましたが、小麦ではないというところに洗礼を受けつつも工場見学を満喫しました。

本館シャトー・デュ・ボヌール

ガトーフェスタハラダ 本館シャトー・デュ・ボヌール

団体客もいたからでしょうか、販売店の方(本館シャトー・デュ・ボヌール)はバブルを彷彿とさせるほどの行列でした。

〒370-1301 群馬県 高崎市 新町1207

心にググっと群馬県 まとめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ