徳の俳優と罪の俳優

演劇などを見せられると、感動するどころか「寒気」がしてしまいます。特に売れない劇団がなにか地域の催し物で無償で舞台などをしていると、本当に鳥肌が立ちます。

「見ているこちらが恥ずかしい」という類のものですが、その寒さをどこまで究極的に楽しんでしまうか、というのが以前ひとつのテーマでした。

「排除」を排除する

排除したいという気持ちは「怒り」ということになっているようですが、怒りを感じずに、つまり「目の前から排除したいという気持ち」をいかに消してしまうか、これにはただの現象として捉える以外にも解釈を変えるということが手法としては可能です。

大人の劇団員の「演劇用の喋り方」はひどく寒気がしますが、幼稚園児が演じる「お遊戯」ならそういう寒さはありません。やはり無理をしているような感覚が伝わってきて、鳥肌を呼び起こすのでしょうか。

リアルタイムミックス作業

「強烈な寒さ」、それを解決するための以前用いていた「解釈を変える」の一つの手法ですが、目の前の演劇はそのまま視覚情報として、また声も聴覚情報として捉えるには捉えるのですが、頭の中で小田和正氏の「たしかなこと」を流すという手法です。

演劇を観ながら聞きながら、「たしかなこと」をリアルタイムミックスしてみてください。

そうすると寒さや怒りはどこへやら、アートではないものが目の前にあるのに、自分の頭の中で芸術が出来上がります。

感情エネルギーを芸術に昇華させるというのは、このようなことです。

徳の俳優と罪の俳優 曙光 29


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ