実験にお付き合いいただければ幸いです

先日、ある宗教法人のプロパガンダ映画(アニメ)をあえて観てみました。

別にそこの団体を否定するという動機で観たのではないのですが、「ふーん」というような感じで観てみました。

すると配給は大手の会社でした。

声優も有名なアニメのキャラクターを担当している方の声でした。

声優の方は、プロダクションに脅されている可能性があるので、何とも言えないですが、当の会社はお金を積めばなんでもやってしまう、というのが残念でした。

拝金主義者が拝金主義を否定する映画を制作しているのだから、字義通り矛盾が生じています。

方便というものは、ひとまずストレートに言うと拒絶が起こるので、まずは騙してでも(言葉は悪いですが。。。)、意思を伝えていくことにあります。

そして、拡大解釈され、「広めるためにはお金がいる」ということで、経済理論を取り入れるようになりました。

そこで、広告などの手法が取られます。

昔に一度思いついたものの、恥ずかしくて出来なかったことがあります。

インターネットの広告というものは進化していて、ページの本文内容に応じて表示される広告が変化します。

インタレストマッチなどと言われます。

ということは、詐欺サイトなどの広告を意図的に引っ張り出すことも可能です。

以前の投稿の最後の方に書きましたが、無駄に広告費を消費させることも可能です。

その記事 人が情報を売るとき

意図的にそういった広告を引っ張り出して、「詐欺」「騙し」とわかりつつも、ひとまずクリックしていけば、実際の被害者が出る前に膨大な広告費を消費させることができます。

そこで、「詐欺ですよ」とお知らせしつつそういったページを生成していって、みなさんにクリックしていただきたいのです。

わかりやすい詐欺的ページに限らず、変な占い師や「遠隔ヒーリング」「潜在意識の解放」などと銘打っているものも対象にしようと思います。

本来はダイエット商品なども対象にするべきですが、あまり範囲を広げると対応しきれず、また、広告とのマッチも薄れる可能性もありますので、ひとまず情報商材系と形而上学・心理学を悪用したような業者を対象とします。

インターネット広告はあくまでユーザーが本当に関心を示した時にクリックされるべきとされていますが、「本当に関心がある」というものの内容までは限定されていませんし、できるわけもありません。

「ライバル会社はどんな広告の打ち方をしてるんだろう?」だって、「本当の関心」です。「商品は買わないが、その業界に入りたいので、色々と調べてみる」というのも、もちろん関心です。

「クリックすることを誘導することはダメ」というのも変な話です。

確かにある特定の商品を紹介する場合は、広告が限定されているので良しとする、でもインタレストマッチは不特定だからダメ、というものなのでしょう。

「詐欺サイトでもお金を貰えばやりますよ」と、金を出せば何でもやる会社の割に、変に倫理観を押し付けてきますね。

あくまで客商売なので仕方ないのかもしれませんが。。。

詐欺かどうか判定したらしたで、それも問題になりそうな気がしますね。。。

じゃあ同一ドメインでやらなければどうなのでしょうか。

あくまで、リンクを渡しているだけです。

しかもnofollowを付ければもっと問題ないでしょう。

さらに検索経由でいけば、もう責めることはできません。

ただ、ここに出る広告主は危ない業者ですよと分からなければなりません。

こちらからリンクを渡して誘導する分には大丈夫かと思いますが、自然検索で出てきたときは、本当に危ないサイトに引っかかってしまうかもしれません。

でもそのサイト内で「ここに出る広告は詐欺です」と記述すれば、難癖つけてアカウントを停止、広告費は広告主に返還ということになりかねません。

いつかやってみようと思います。その時には、実験にお付き合いいただければ幸いです。

その節には、あまり連続クリックされると、アカウントを停止される可能性がありますので、一日数クリックでお願いします。

なお、反対派に回って、連続クリックをされたところで、IPが分散していれば、文句は言えますので、アド狩りみたいなことをするのは労力の無駄ですのでやめてくださいね。

広告の収益が少しは入りますが、基本的に自分のために使います。

変に「広告収益は全額寄付します」などというと、「証拠を見せろ」とか「それこそ詐欺」とか言われかねません。

娯楽と少しの社会活動的要素はあるものの、あくまで営利目的としてやりますので、関心のある人だけお付き合いください。少しのお時間と指先の労力と電気代はかかりますが、料金はかかりませんので。。。

やるかもしれないし、やらないかもしれない。

あくまで可能性を記述してみました。

誰かがほかの誰かにお願いしてやり始めたとしても、それはそれで構いません。

さてこの場合、広義の詐欺の教唆になるのでしょうか。

詐欺サイトの皆さん、ご意見をお待ちしております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ