国立京都国際会館

国立京都国際会館

宝ヶ池に隣接する国立京都国際会館は、敷地面積156,000m²。建築物は、日本人建築家・大谷幸夫氏による設計。日本国の主要な国際会議施設の一つ。
英語(事実上の国際通用語)では、Kyoto International Conference Center (ICC Kyoto と略称)。
日本で最初の国立の会議施設として開設された。

宝ヶ池へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ