定義集 ら

定義集 り 定義集 る 定義集 れ 定義集 ろ

定義集 ら

ラーメン通

うまいラーメンを作ることはできないが、うまいラーメン屋を「知っている」だけの人。

ライン

特に新しい技術ではないのに、情報弱者にうまく取り込んだアプリケーション。メールやメッセージのことをこう呼ぶ傾向にあるが、メールは手紙、メッセージは文言、ラインは線である。線を送ってどうするのだ、という疑問を持った人は正しい。

ライングループ

心の弱い女子中学生並びにそれと同等の人種の「絆」を支援するアプリケーション内ツール。

定義集 り

リアルポケモンGO

式神召喚(?)の際の元データを収集するために、各地に残された情報を集めに行くこと。

理想

驚嘆や模倣の対象として作り出される型。目の前にはなく、ただ経験の中から想像できる最高のモデル。アイツが見せる不足感の武器であり、マルチの常套句。プリントごっこのメーカー。

リンゴのマークを光らせている人

カフェの片隅で足組みしてコーヒーをすすりながら「仕事」をしている人。

定義集 る

ルサンチマン

弱者による怨恨。ルールや判断基準を変えたりして何とか「自分の方が上」と思いたい気持ち。お金はないが、自分は絵が上手く、社会のレールに乗らずに自分の気持ちに従っているので「一般人ではない」というようなこと。「俺の方がすごいはずなんだ!」ということであり、自己説得の際、「だって俺にはこんな才能がある」というもの。バイトが社員を馬鹿にするところを想像すれば理解はたやすい。

ただの恨みや僻み、という面より、恨みの感情をどう処理するか、という思考面での方法論。

ルサンチマンは、復讐というより、解釈変更であり、価値基準をオリジナルにしてしまう、というもの。もっと狭義のルサンチマンになると、その解釈変更が宗教的なものになり、厭世主義的に、この世を無価値だと捉え、一種のニヒリズムに陥った時に取る態度として、自分の状態を正当化する「奴隷精神」を起こし、諦めから立ち直るという手法。ただの「弱者の怨恨」ではありません。怨恨という感情よりも、その解消法。

これが苦悩の原因だと気づいたニーチェは聡明だが、「じゃあどうする」となったときのその先が、彼は「乗り越える強さだ」といったところが「少年ジャンプっぽい」と言われる所以である。ちなみにブッダは「他人がいると思ってるから」というさらに抽象度の高いところから解説している。

定義集 れ

レイトマジョリティ

イノベーター理論における後期追随者。端的には情弱のウェーイ。

レセプション

集客のためのいい文句。

定義集 ろ

労働組合

上納金を恐喝する圧力団体。

ロキソニンでも買ったらどうですか?

交通事故数日後に手に激痛が走りだし、正月に病院に駆け込んだ時に受付に言われた一言(H病院)。

それで済んだらあんたらいらんよね?

六神通

神足通、天耳通、他心通、宿命通、天眼通、漏尽通。

ロハスな人

健康志向産業の餌食になっている一種の精神病患者。好きなものは「自然派食品」と「草木染め」。嫌いなものは「添加物」。

定義集 あ – 定義集 か – 定義集 さ – 定義集 た  – 定義集 な

定義集 は – 定義集 ま – 定義集 や – 定義集 ら – 定義集 わ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ