学者の偏見

ある研究が始まり、そのことは研究し尽くされている、ということは正しい意見ではありますが、昔より今の方がその分野への理解は進んでいるというのは全く誤謬で、さまざまな方法論的なジャンルやデータはたくさん膨らんでいったとしても、それは表現が変わっていっただけで一切進歩していない場合もあります。

さらにはそれどころか、元々は純度が高かったものが、「あるランクまでは学ぶ」ということをしていった結果、余計な不純物が混じって、結果の表現がおかしなものへと変化していくのが普通でしょう。

名言の解釈

これは、よくある「名言集」について現代のライターが自分の解釈を加えてコメントしていく場合にそれが加速します。しかし「名言」が名言とされるのはどうしてでしょうか。それは誰がどんな合理性に基づいて判断したものなのでしょうか。

解釈コメントが付加されていくと、なんとなく社会で「良し」とされるような人物像がもっていそうな人格、また、それから出てくるような言葉になるように、勝手に変わっていきます。

それが、雑誌程度でも大問題ですが、学術の世界でも大変な惨事です。本当に研究が進んだ分野の現在の第一人者は、誰よりも、そして過去の誰よりもそのことを知り尽くしているのでしょうか。答えはわかりません。調べても特に意味はありませんから。パターンを知っているだけで、何にも役立たないかもしれません。

ただ確実なのは、過去のものの方が良かった、と嘆くのもおかしな話ですが、現代のバージョンの方が、過去を知っている分優れているというのは全くの誤りです。現代の方が不純物がたくさん混じっているかもしれない、そういう可能性の方が極めて高い、というかそうなっているのが普通です。誤りというよりも、偏見、つまり偏ってしまっているという表現のほうが近いでしょう。

まして学者が職業になっている以上、何か凄そうな素振りを見せなければ、職業としては成り立ちません。論文を書くのが仕事ですが、それはほとんど過去のデータを寄せ集めただけで、新しいものなど、ほとんどありません。そんなに新しいものが出て来るはずもありません。

過去に学んでいないから、同じようなことを繰り返しているだけです。もしかしたらもう気づいているのかもしれませんが、やめられません。やめたら食い扶持がなくなるのですから。つまりは「最新だから最も優れている」とでも思い込まなければ、やってはいられない職業なのかもしれません。

学者の偏見 曙光 2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ