夢からさめて

生きているということは、明晰夢のようなおぼろげなものです。何度か書きましたが、僕は夢という言葉が苦手です。イニシャルDの最終話で「プロジェクトDのイニシャル、Dreamに込めた俺の夢だから」と、高橋涼介が言った時には彼の評価が2段階位落ちました。

「高橋涼介が一番だ」、ということでゲームでもFCを使っていましたが、少しがっかりしました。D8になってからはもうゲームはやめたので、関係のないことです。

イニシャルD RX-7 FC3S

衝撃的な出来事

衝撃的な出来事ほどなかなか頭を離れてくれません。

頭から離れないだけで、もうそこにはないのですが、なかなかしぶとく付きまとってきます。そんなときはやはり「それがどうした」であり、「そうか好きにしろ」です。

第三者を介する時

さらにややこしいのは第三者を介する時です。かつての彼女のお母さんのように、彼女は関係ないのに、どうしてか彼女との間柄に影響しそうになります。

彼女のお母さんについては、「それがどうした」であり、別に好きにならなくても問題ありません。仲良くする必要もありません。

こちらの言動や状況が、その人をイライラさせるとしても、その人がイライラに対応する観念を勝手に持っているだけで、そんなことにまで構いきれないというのが事実ですから、特に気にする必要はないのですが、彼女がそのことを気にした場合にややこしくなります。

明晰夢のようなもの

ただ、こんな構図すら夢と同じこと、数回寝て起きれば、無かったようになります。同じような観念がくるくる回っているので、また同じようなことが起こる可能性はありますが、もうその空気感はありません。

自分にできる唯一のことは、何か状況を変更させようと無理をすることでもなく、解釈を変えることでも行動することでもありません。その空気感をその場においていくことです。

「なんとかしよう」と思うのは、まだその場に置いてきていません。現象から発生した影響をまだ許容しています。忘れようとするということもまた違います。

ただただ、そんなものは一過性の幻、つまりは夢と同じことだと、わかりきっていればそれだけで十分です。

すべてが明晰夢のようなものなのだから、そのことに気づいたら一瞬先には夢から覚めればいいだけのこと。

夢からさめて 曙光 100


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ