商業社会の道徳的流行

現在の道徳的流行の原則― 「道徳的な行為とは、他人に対する同情心の行為である」― の背後に、恐怖心という社会的な衝動が支配するのを、私は見てとる。 曙光 174 序

某産業団体の「裏役員(決して怪しい存在ではありません)」をしているため、先日、自己啓発に洗脳された人から、当該師匠をセミナー講師として、起用して欲しいという説得をされました。

僕が直接されたわけではないのですが、団体構成員を経由して、団体の方に依頼が来ました。

ビジネスコースという名の自己啓発洗脳

謳い文句は「ビジネスコース」といった類のタイトルでしたが、僕から言わせると自己啓発洗脳です。

一回で5万払えというのです。

しかし聞く所によると、通常は2回で35万ほどとっているという、まさに新興宗教さながらの暴利です。

金額の多寡はどうでもいいのですが、聞いたところによると、セミナーを受けた結果、受講者は「セミナーの営業要員」に仕立てあげられている、という結末のようです。

すなわち、セミナーを受けた人が自分でビジネスを行っていくわけではなく、受講後に「師匠」を崇め、また同様のセミナーの勧誘をするような人にしかなっていかない、というもののようでした。

いわゆる「自己啓発系コンサルタント」、「胡散臭いコンサルタント」の代表例のようなタイプでした。

音速却下

そういった勧誘をしてきた人に嫌われることは、何も厭いません。

つまり嫌われることへの恐怖心がないからこそ、音速却下しました。

特に議題にも挙げずに、「却下ですね?次からこういうのきたらどうしますか?」と、現役員に全て伝えて、頷きを得て終わりです。

却下の通知は別の人がしてくれたのですが、

「断りにくいなら僕が言いますよ」

と言ったものの、僕が出てしまうと、相手が立ち直れないくらいヘコんでしまうということで、なるべく穏便に代わりの人が断るという運びになりました。

自分がダメだと思えば、ダメだと言え

一般に「道徳」とされているものは、根底に恐怖心があります。

しかし恐怖心が無ければ、その道徳的な規定や振る舞いが、あまり根拠の無いものだと気付きます。

恐怖心と一口に言っても、根本的には生命維持、生存本能であるものの、その表れ方は、人から嫌われるのは避けたいとか、なるべく揉め事は避けたいなど、少しずつ異なります。

しかし、ダメなものはダメと言わねばなりません。

それへの抵抗感は確実に恐怖心です。

別に「相手のため」という、言い訳を考えなくても、自分がダメだと思えば、ダメだと言えば良いのです。

「様々な考え方の人を認めるのが道徳的だ」

というのは、一種の洗脳です。

認める必要はありません。

ただそれもこれも一過性の現象にしかすぎません。

そう考えると何も恐れることはありません。

ただ、意識が言葉になり、空気を振動させて、すぐに消えていくのですから。

商業社会の道徳的流行 曙光 174


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語のみ